PR

グーグルのVRアニメ「Pearl」がVR作品初のアカデミー賞ノミネート!

2017年1月30日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

今週は、ハードウェアの情報とVRムービーの情報が相次ぎました! 特に、VRアニメ「Pearl」がVR作品として初めてアカデミー賞にノミネートされています。VRムービーがアカデミー賞を取るのも、もはやそう遠くない未来なのかもしれません。

HTC Vive向け人気VRゲーム「Raw Data」がアーケードへ! 世界各国でベータテストを実施中!

ロサンゼルスに本拠を置く開発会社Surviosは、HTC Vive向けVRFPSゲーム「Raw Data」のアーケード版を発表しました。RawDataのアーケード版は、ゲーム内メニューの簡素化、読み込み時間の改善、マルチプレイヤー時のマッチング高速化、アーケードオペレーター用の管理ツールといった内容を備えています。

アーケード版にはヒーロープログレッションやクイックプレイなど複数のゲームモードが備わっており、「Raw Data」を短時間から長時間までの幅広いアーケードプレイに適応させるためのカスタマイズ可能なタイマーも含まれています。現在、Survios社は約30カ国でアーケード版のベータテストを実施しています。加えて、今後はアーケードへの参入を希望するVR開発者向けの配信サポートも行う意向を示しています。

VRアーケードゲーム市場は成長を続けており、デバイスとしてはHTC Viveが主に使われています。Viveport Arcadeや日本のアドアーズ、イギリスのVR Here、アメリカのScene75 Entertainment Centerなど、これらアーケード施設は将来的にさらに普及するかもしれません。

本ニュースの詳細はこちら:
HTC Vive向け人気VRゲーム『Raw Data』がアーケードへ
http://www.moguravr.com/raw-data-arcade/

「Lost」「Henry」に続く、VR内で制作されたVRアニメ Oculusの新作「Dear Angelica」公開

Oculus Story Studioは、VRペインティングソフトQuillを用いて制作されたVRムービー「Dear Angelica」を公開しました。Oculus Storeより無料で入手可能です。

「Dear Angelica」は、母と娘の思い出がイラストで描き出されていくVRムービーで、Oculus Story Studioは本作を女性中心の作品として、アーティストのWesley Allsbrook氏がVRペインティングソフト「Quill」を用いて制作しています。

同スタジオは今までに2本のVRムービーを制作しており、1作目の「Lost」は80年代初めのスピルバーグを思い起こさせる作品、2作目の「Henry」はハリネズミの友情物語でした。本作では映像を停止して空間を掴むことで自由にシーンを見回すこともでき、今までの作品とはまた一つ違う、VRならではの生き生きとした絵画的な世界観を楽しめます。

「Dear Angelica」は現在Oculus Storeにて無料で配信中です。

作品名:「Dear Angelica」(Oculus Store / 公式サイト)
開発:Oculus Story Studio
価格:無料
快適さ:かなり快適
日本語対応:なし

本ニュースの詳細はこちら:
VR内で制作されたVRアニメ Oculusの新作『Dear Angelica』公開
http://www.moguravr.com/dear-angelica/

グーグルのVRアニメ「Pearl」がVR作品初のアカデミー賞ノミネート!

2016年にGoogleによって制作されたVRアニメーション「Pearl」が、アカデミー賞のノミネートを受けたことが明らかになりました。ノミネートされた部門は、アカデミー短編映画賞です。アカデミー賞ノミネート作であるディズニーの短編映画「Feast」の監督である、パトリック・オズボーン氏によって制作された本作は、「No Wrong Way Home」の曲に合わせ、ミュージシャンの父親と一緒に育った少女の物語です。

「Pearl」はGoogle Cardboardで視聴可能な360度動画として公開され、HTC ViveなどのVRヘッドセット用バージョンもリリースされました。アカデミー賞にノミネートされたバージョンは2D版となっています。

VR対応の映像作品がアカデミー賞にノミネートされたのは、今回が初めてです。2016年には、Oculus Story StudioがVRアニメ「Henry」でエミー賞を受賞し、2015年にFOXの「Sleepy Hollow」のVR体験と、テイラー・スウィフト氏のVRミュージックビデオもエミー賞を受賞しています。

Googleは、これまでにも実写映像である怪獣映画「HELP」、クリスマスにサンタクロースが贈り物を届ける「Special Delivery」、氷上の演劇を描いた「On Ice」などを公開しています。

本ニュースの詳細はこちら:
グーグルのVRアニメ『Pearl』 VR作品初のアカデミー賞ノミネート
http://www.moguravr.com/pearl-academy-award/

Androidスマホに挿す全天球カメラ「Insta360 Air」発売! 価格は2万円(税込)!

1月25日、Insta360の国内正規代理店であり、VRサービスを提供する株式会社ハコスコは、Android対応の全天球ビデオカメラ「Insta360 Air」の予約販売を開始しました。

「Insta360 Air」はAndroidに最適化された小型全天球ビデオカメラで、AndroidのUSBコネクタに挿しこむだけで、Androidと接続でき、Android端末のディスプレイで確認しながらワンタッチで撮影ができます。

YouTube Live等を用いたリアルタイムの360度動画配信機能が実装されており、360度動画配信を誰もが簡単にどこからでもできるようになります。なお、本体にはバッテリーを内蔵していないので、「Insta360 Nano」のように本体だけで撮影することはできません。撮影には、Android端末かPCへの接続が必要です。

ハコスコ社は、これまでVR体験に必要な要素である、ビューワー、アプリ、配信サービスをワンストップで提供してきました。その中で、映像制作や、全天球カメラに関する依頼や問い合わせが多かったことから、昨年10月に、iPhone専用の360度カメラ「Insta360 Nano」を発売し、そして今回、Android対応の全天球ビデオカメラの「Insta360 Air」の販売を決定したとのことです。

販売情報

希望小売価格:2万円(税込)(予約販売受付中、2月中旬出荷予定)
内容品:本体、USB-microUSBケーブル、専用マウント

本ニュースの詳細はこちら:
Androidスマホに挿す全天球カメラ「Insta360 Air」発売
http://www.moguravr.com/insta360-air-2/

HTCが新アクセサリーVive Trackerを開発者に無償提供! 申込は2月7日まで

HTC社は、さまざまなオブジェクトの位置トラッキングが可能となるVive Trackerを開発者向けに無償で提供すると発表しました。申し込みのためのフォームが用意され、配布数は1000個を予定しています。

HTC社が開発しているVive Trackerは、同社のHTC Viveコントローラーと同じように、Lighthouseのベースステーションを使い、ルームスケールで位置をトラッキングできる周辺機器です。Vive Trackerを実物のオブジェクトに取り付けることで、オブジェクトのルームスケール位置トラッキングが実現でき、VR環境にオブジェクトの位置を正確に反映できます。CESでHTCが展示したデモでは、銃型コントローラーの先端や、野球のバット、消防用ホースにTrackerを装着したり、身体に装着して全身をトラッキングしアバターに反映するデモもありました。

HTCは、今年の第2四半期に予定している一般発売の前に、初期ロットの1000個を開発者向けに無償提供します。申請期間は2週間であり、2月7日が締め切りとなります。サインアップするためには、申込者の所属する会社の情報と、関与しているプロジェクト内容、Trackerをどのように使うのかについて記述する必要があります。また、Trakcer数を記入する項目があるため、複数台の申請も可能なようです。全世界に提供予定で、日本からも申込可能となっています。Vive Trackerは2017年第2四半期に一般向けに発売予定ですが、最終的な発売日時や値段はまだ公開されていません。

本ニュースの詳細はこちら:
HTC、新アクセサリーVive Trackerを開発者に個数限定で提供 申込は2月7日まで
http://www.moguravr.com/vive-tracker-vr/

ツクモはHTC Vive推奨PCを1月27日より発売! 9万9,800円(税別)から

TSUKUMOブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売する株式会社Project Whiteは、ゲームパソコン「G-GEAR」において、第7世代インテル® Core™ プロセッサー搭載の「VIVE 推奨」パソコンを1月27日(金)より販売開始しました。

G-GEAR 「VIVE 推奨」モデルは、VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を、よりよい環境で安心して楽しむために、定められた動作基準を満たした推奨パソコンです。日本国内の指定工場で熟練スタッフが一台ずつ丁寧に組み立てる生産体制をとっており、専用のオリジナルデザイン筐体をベースに、SSDや、CPUクーラーといった、オプションをカスタマイズして注文できることが特徴です。ラインナップは3種類で、価格は9万9,800円~14万9,800円(税別)となります。G-GEAR新モデルは、1月27日(金)より販売開始となります。

スペックのより詳細な、情報は本ニュースの詳細をご覧くだい

本ニュースの詳細はこちら:
ツクモ、HTC Vive推奨PCを発売 税別10万円弱から
http://www.moguravr.com/vive-ready-pc-made-by-tsukumo/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース

落合陽一氏ら、広視野角・網膜投影のメガネ型HMD発表

2017/11/20
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース

グーグルからVRにとって不可欠な「音」をサポートする立体音響ツールが登場

2017/11/13
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース

VR開発者向けイベント「VRDC Asia」が2018年5月に上海で開催予定

2017/11/6
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています