PR

SQL Server on Linuxをエンタープライズで活用するためのセミナー開催

2018年2月20日(火)
高橋 正和
記事末尾にはスペシャルキャンペーン情報の紹介もあるのでお見逃しなく。

Linuxにも対応した最新バージョンSQL Server 2017を実際のシステムに導入するためのセミナー「データ戦略をドライブする新たな選択肢「SQL Server 2017 on Linux」が、1月30日に開催された。

セミナーではSQL ServerのプログラムマネージャーのTravis Wright氏がSQL Server 2017の詳細を解説した。また、日本ヒューレット・パッカード(HPE)のハードウェア、レッドハットのOS、インサイトテクノロジーのレプリケーションソフトと、SQL Server 2017 on Linuxを組み合わせたシステム構築が語られるという、実システムへの導入を意識したものとなった。そして各社から、検証や移行のためのキャンペーンが紹介された。

SQL ServerからAzureまでMicrosoftのデータプラットフォーム

最初のセッションでは米MicrosoftのJack Tang氏(Director, WW Data Platform Solution Sales Lead)が、SQL Serverを含むMicrosoftのデータプラットフォームの特徴や背景、事例などを紹介した。

米MicrosoftのJack Tang氏(Director, WW Data Platform Solution Sales Lead)

Jack氏は、データの量が劇的に増え、2020年には世界で44ZBになるというデータなどを紹介。そしてデータとクラウドからAIが作られるとし、「まずはデータがなくてはならない」とその重要性を語った。

ここでJack氏は企業がSQL Serverによりコストを削減して利益を増やせると主張し、企業の導入事例を紹介した。EコマースのJet.comは、Azure上でSQL Serverを動かすことで、ピーク時に対応できるようにしたほか、オペレーションコストを下げて競争力を強めたという。そのほか、電子署名のDocuSignと、Honeywellのビルの温度管理の事例などを挙げて「3社の共通点は小売や製造業であることで、テクノロジーでビジネスしている」と語った。

続いてJack氏は、データ資産管理をオンプレミスとクラウドの2つの領域に分け、オンプレミスにSQL Serverを、クラウドにAzure Data Servicesをあてはめた。そして、両者の間をコード変更なしにリフト&シフトできることを説明した。

オンプレミスとクラウドの2つの領域

まずオンプレミスのSQL Serverについては、4年連続でガートナーのマジッククアドラントのリーダーに選ばれていること、TPCのベンチマークで上位を占めていること、あらゆるデータに対するT-SQLクエリなどの特徴を挙げた。

そして、SQL Server 2017の新機能として、グラフデータへの対応、RとPythonへの対応、ネイティブのT-SQLスコアリング、アダプティブクエリ処理、クロスプラットフォームの冗長化などを紹介した(SQL Server 2017についてはこちらのインタビュー記事でも詳しく解説している)。

SQL Server 2017の新機能

ここでSQL Server 2017のR対応の事例として、航空チケットのPROS社が紹介された。Rによるインサイトをアプリケーション側ではなくデータベース側に組み込むことにより、10倍の速さを実現し、カスタマーサービス向上とアジリティにつなげたという。

PROS社の事例

もう一方のクラウドについては、Azureにはコアとなるデータベースだけでなく、それを活用するためのさまざまなサービスが集まっていることを特徴とし、IoT Hubや、データレイク、HD InsightやSparkの分析基盤、SQL DatabaseやCosmos DBなどの各種データベースなどを紹介した。

Azureのデータプラットフォーム

事例としてはクルーズ船のCarnival社が、船内の飲み水の消費量を正確に予測するためにAzureのCortana Intelligenceサービスを使い、年間で1隻あたり20万ドルのコストを削減したことが紹介された。

Carnival社の事例

SQL Server 2017をプログラムマネージャーが解説

SQL Serverのプログラムマネージャーである米MicrosoftのTravis Wright氏は、SQL Server 2017の新機能などの技術面を解説した。

米MicrosoftのTravis Wright氏(Principal Program Manager)

SQL Server 2017の特徴として、Travis氏はまずLinux対応に力を入れたことを挙げた。その技術的な背景としては、SQL Server 2015で、OSの機能をSQL Serverの中に入れた「SQL OS」を採用したことを紹介し、それ以来Windowsへの依存度が減ったと語った。また、コンテナ技術の研究プロジェクトであるProject Drawbridgeにより、Win32APIを約50のカーネルABIにマッピングできることがわかったと説明した。これらの技術が元になって生まれたプラットフォーム抽象化が「SQLPAL」で、これによりSQL ServerがLinuxでも動くようになったという。

SQLPALでプラットフォームを抽象化

Linux対応のレベルとして、Windows版とかなり高い互換性があることをTravis氏は強調し、Windows版でバックアップしたデータベースをLinux版でリストアできると説明。Windows版の機能はLinux版でも、各種サービスもほぼ使えると語った。ただし、レポーティングサービスや分析サービスなどはこれからだという。

Windows版とLinux版の機能比較

運用についてもLinux管理者が慣れた使い方ができるようにし、パッケージマネージャーによるインストールや、systemdによるサービス管理、Docker Hubからのコンテナーの取得、Pacemakerなどのツールへの対応などがなされているという。また、コマンドラインツールもLinuxに移植したほか、LinuxやMacで使えるVisual Studio CodeにSQL Serverの拡張機能を用意した。さらに、新しいマルチプラットフォームのGUIツール「SQL Operations Studio」も開発した。

運用もLinux管理者が慣れた使い方ができるように

続いて紹介された新しい機能は「アダプティブクエリ」と「自動プラン修正」だ。機械学習によりメモリーの使い方などを最適化してクエリのパフォーマンスを向上させる機能と、実行計画を変更してパフォーマンスが低下した場合に前に戻す機能だ。

アダプティブクエリ
自動プラン修正

ここでTravis氏は、SQL Server 2017 on Linuxをデモした。まず、MacBookのDocker for MacにSQL Serverの入ったUbuntuイメージを取得してある状態で、一瞬でSQL Server 2017 on Linux環境が起動。sqlcmdコマンドでデータベースやテーブルを作成し、データを追加してみせた。また、GUIツールのSQL Operations Studioも披露した。

SQL Server 2017 on Linuxのデモ
SQL Operations Studioのデモ

次のデモは、Docker Composeにより、SQL Serverを含む5つのコンテナーからなるWebアプリケーションを動かす例。犬派・猫派を投票するWebアプリケーションを実演した。

Docker ComposeでWebアプリケーションを動かすデモ

SQL Serverの事例としては、まずエクアドルのProdubanco銀行の例が紹介された。多層セキュリティのためにSQL Serverでデータをマスキングする「Always Encrypted」機能を採用した。データを行レベルで暗号化して保存し、暗号化したままクエリできる。

Produbanco銀行の事例

もう1つの事例としてUAEの医療保険会社Damanの例が紹介された。汎用サーバーで列ストアを実現して大幅に高速化したという。

Daman社の事例

続く新機能としては、グラフデータベース機能をTravis氏は紹介した。専用グラフデータベースではなくSQL Serverで、T-SQLからクエリすることにより、さまざまなSQL Serverの機能が活かせるという。

グラフデータベース機能

こうしたSQL Server 2017 on Linuxへの移行のためのキャンペーンとして、Red Hatとの共同による新規注文に対する期間限定の特別料金を紹介した。MicrosoftではSQL Server 2017 on Linuxのサブスクリプションを初年度最大30%割引。Red HatはSQL Server 2017 on Linuxで使用するRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を30%割引する。期間は2017年10月2日〜2018年6月30日。

MicrosoftとRed Hatによるキャンペーン

最後にTravis氏は、SQL Serverの今後のロードマップを紹介した。他のデータソースを統合できる機能を強化し、グラフデータベースも強化する。また、コンテナーやAzureなどプラットフォームのサポートをさらに拡大。サポートするプログラミング言語も次バージョンで増やすことも明らかにされた。

さらに、パフォーマンス改善や永続メモリーの活用、セキュリティ、Linuxでの機械学習対応などにも取り組む。そして、「SQL Server on Linuxに今後も投資していく」とTravis氏は語った。

SQL Serverの今後のロードマップ
次ページでは……
  • Linux版のエンタープライズ利用で気になる4点に答える
  • ミッションクリティカルなプラットフォームとしてのRHEL
  • SQL Server 2017 on Linuxに対応したレプリケーションソフト

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

仮想化/コンテナイベント

KubeCon 2018 EU開催 着実に拡大するKubernetesエコシステム

2018/5/25
Kubernetesを始めとするクラウドネイティブなシステムに関するカンファレンス、KubeCon+CloudNativeConがデンマークのコペンハーゲンで開催された。
サーバーニュース

デイトリウムが語るINSANEな次世代のハイパーコンバージド

2018/5/23
ハイパーコンバージドの欠点をゼロから見直したというデイトリウムのVPにインタビューを行った。高速かつシンプルなアーキテクチャーの秘密とは?

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています