PR

SUSE、最新のSUSE Linuxの状況等を解説。マイクロソフトからの支援も

2017年4月7日(金)
松下 康之
SUSEが最新のOSや管理ツール、OpenStackなどの情報をプライベートイベントで解説。スポンサーであるマイクロソフトのセッションも加えて、Azure上でのSLESをアピールした。

LinuxディストーションであるSUSE Linuxを提供しているSUSE(日本ではノベル株式会社のSUSE事業部)は、2017年3月15日に都内で開催された「SUSE Expert Day 2017」にてSUSE Linuxの最新情報を紹介した。その他にも、管理ツールであるSUSE Manager、自動化のためのツールであるSaltStack、OSSのCephをベースにしたSUSE Storage、HPEから買収したOpenStack関連情報、さらにはアプリケーションをビルドするためのOpen Build ServicesといったDeveloper向けツールの紹介などを行った。

SUSEのイベントにMicrosoftの名前があることが印象的

SUSEのイベントにMicrosoftの名前があることが印象的

ノベル株式会社代表取締役社長河合氏

ノベル株式会社代表取締役社長河合氏

最初に登壇したのはノベル株式会社代表取締役社長の河合哲也氏だ。河合氏はまず、すでにエンタープライズにおいてもデジタルトランスフォーメーションが起きていることを紹介した上で、SUSEのソリューションの概要を解説した。SUSEが「Software-Defined Infrastructure」と呼ぶLinux、Cloud FoundryとOpenStack由来のStorage、それにOpenStackでのコンテナ管理ツールであるMagnumとKubernetesを加えて、モダンなインフラのラインアップが揃ったことを強調。HPEのソフトウェア資産であるOpenStackとCloud Foundry関連が独SUSEの親会社に当たる英MicroFocusに買収され、実質的にSUSE管理下になったことでOSからプライベートクラウド、PaaSまで揃ったということをアピールした形だ。

河合氏は最新のトピックとして、Cloud Foundryのボードメンバーになったこと、富士通、インテル、SaltStackらとの提携を強化したことなどを説明した。

SUSEに関する最新のトピック

SUSEに関する最新のトピック

次に登壇したSUSE事業部エバンジェリストの村川了氏は、SUSEの中核となるLinuxディストリビューションであるSUSE Linux Enterprise Server(以下、SLES)の最新バージョンの解説を行った。SLESという略称で呼ばれるSUSE Linux Enterprise Serverは10年間の標準サポートとその後、3年間の延長サポートがあること、さらにサービスパックによって機能拡張とバグ修正などが行われることを解説。SUSEユーザーであれば知っていることだろうが、SUSEのディストリビューションを利用していない企業のIT部門の管理職にとっては若干、眠くなる内容だった。

今回のセッションは欧米では1日かけて紹介する内容を半日に凝縮したということなので、内容的には非常に多くのことを駆け足で紹介することになり、前提知識がないエンジニアには少々キツイ内容だったかもしれない。その他にも、コンテナ向けのマイクロOSであるJeOSやビルドツールなどが紹介された。さらにOSのパッチ適用時にシステムを停止させずに行うLive Patchingなどについて解説。SAPのインメモリデータベースであるHANAを稼働しているアプライアンスにパッチを適用するために停止と起動を行うと、30分から1時間程度かかることを紹介。Live Patchingの必要性を強調した。またHPC(High Performance Computing)における製品も強化していることを説明し、「IBMのメインフレームとSAP用のLinux」という認識からHPCやRaspberry Piに代表されるエッジデバイスでのOSとしてのSLESを印象付けた形になった。

HPCへの取り組みを説明する村川氏

HPCへの取り組みを説明する村川氏

次に村川氏が紹介したのは、管理ツールであるSUSE Managerと自動化のツールであるSaltStack、通称Saltだ。Saltを使うことで、企業が有するオンプレミスのサーバーとクラウド上の仮想マシンなどを、一元的に管理できるという。このような管理ツールは、Red Hatによって買収されたAnsibleがユーザー数や日本語での技術情報といった面で先行しており、SUSEとしてはその辺りを強化する必要があるだろう。今回の村川氏のプレゼンテーションもほぼ英語ということで、図らずも日本語による情報の少なさが見えてしまった感がある。

次に登壇したのは、日本マイクロソフトにおいてOSSの戦略をリードする新井真一郎氏だ。マイクロソフトは、今回のイベントの唯一のスポンサーとなっている。新井氏は、自社のパブリッククラウドであるAzureとその上で稼働するSLESについて簡単に解説した後に、Azureの紹介をデモを交えて行い、Azureが企業向けクラウドとして評価されていることを強調した。Azureのユースケースとして、エヴァンゲリオンのアニメーション制作会社であるカラーも紹介され、Azureの利用が拡がっていることを印象付けた形になった。

マイクロソフトにとってみれば「Microsoft?Linux」を具体化する手段としての今回のイベントへのスポンサー提供ということだろうが、それにも増して重要な点は、なによりもLinuxがクラウド上のOSとして無視できないこと、そしてもはやWindows対Linuxという構図ではないことを印象付けたかったということだろう。そして、その目的は達成されたと思えるプレゼンテーションだった。

マイクロソフトの新井氏

マイクロソフトの新井氏

続いて登壇したのは、SUSE事業部のセールスエンジニアであるヤン・ヒルベラート氏だ。最近、Midokuraから転職してきたというヒルベラート氏は、SUSEによるCephストレージの実装であるSUSE Enpterprise StorageとOpenStackに関して紹介した。

OpenStackとStorageについて解説するヒルベラート氏

OpenStackとStorageについて解説するヒルベラート氏

ストレージについては2016年11月にSUSEが買収したOpenATTICによって管理が行える部分を強調し、OpenStackについては将来的にKubernetesを統合した形でコンテナへの対応を強化することが紹介された。またCloud Foundryの統合についても言及があった。OpenStackのディストリビューションを提供するRed Hatと同じように、PaaSとコンテナ対応の強化がトピックということであろう。

Raspberry Piで動く64ビットのSLESを紹介

Raspberry Piで動く64ビットのSLESを紹介

全体的にユーザー事例の紹介が少なく、技術的な解説を短時間に盛り込み過ぎという印象のあるイベントであった。インフラであるOSとSaltなどの運用ツールからアプリケーション開発のためのツールチェーン、コンテナー戦略まで解説したわけだが、フルスタックエンジニアならまだしもインフラとアプリケーション開発はトラックを分けて説明しないと必要な情報が伝えたい相手に伝わらないのでは? と思わざるを得ない。スライドの日本語化も中途半端だった印象があり、今後の努力を期待したい。

(編注:2017年4月7日18時10分更新)記事公開当初、村川氏のお名前が間違っておりました。お詫びして訂正致します。

フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載記事一覧

OSSイベント

ApacheCon North America 2017:API互換に関する渋いセッションを聴講

2017/6/22
マイアミで開催されたApacheCon North America 2017における、NECアメリカやNetflixなどによるブレークアウトセッションを紹介。
OSSイベント

ApacheCon North America 2017:The Apache Wayの理想と現実

2017/6/21
オープンソースソフトウェアを管理運営する団体として著名なApache Software Foundation(ASF)が主催するApacheCon North America 2017がマイアミで開催。「The Apache Way」と呼ばれるASFの基本理念は、非常に具体的なものであった。
OSSイベント

ApacheCon North America 2017にASFのルーツを見た

2017/6/16
マイアミで開催されたApacheCon North America 2017は、ASFの歴史とコミュニティ維持のための注力を感じさせるものだった。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事