PR

DAL、統合EDI製品「ACMS 4.7」を発表

2017年9月9日(土)

データ・アプリケーション(DAL)は8月31日、企業データをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」と、企業間電子商取引に特化したB2Bサーバ「ACMS B2B」、動作環境をWindowsに限定した「ACMS B2B Limited Edition」の最新版「ACMSシリーズ」の「バージョン4.7」を発表した。Microsoftデータベース SQL Server 2017(Windows/Linux)、Oracle Database Cloud Service、Oracle MySQL Cloud Serviceに対応している。

DALの調べによると、「ACMS E2X/B2B」が導入される環境は、Windowsが約60%、Linuxが約30%であり、またこれらの製品の管理データベースは、SQL ServerとOracle Databaseがそれぞれ約40%を占めているという。この状況の中で、WindowsとLinuxのクロスプラットフォームをサポートする「SQL Server 2017」は、Linux環境でACMSの導入を検討しているユーザにとってデータベースの選択肢を広げられる。このことから、新版では、Windows/Linuxの両環境において早期に「SQL Server 2017」の検証を完了した。

一方、EDI環境の大きな変化として、2017年4月6日にNTT東西から「固定電話網のIP 網移行後のサービス及び移行スケジュールについて」の発表がある。この発表によれば、2024年初頭を目途に、固定電話網を利用したJCA、全銀BSC、全銀TCP/IPといった従来型EDI環境が使えなくなる。DALは、今後インターネットEDIが普及するのに伴ってクラウドやサービスの利用が拡大するとの予想から、Microsoft Azure、AWS、Oracle Cloudなど様々なクラウドやサービスへの対応を積極的に進めていくという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック