PR

たったこれだけ!ユーザビリティ向上策

2008年9月12日(金)
伊藤 千光

リダイレクトを正しく使おう

 WebページのURLを変更したときに、旧URLにアクセスしたユーザーを正しいページに導くのがリダイレクトです。HTMLのMETAタグでも行えるので、そちらを利用している方も多いでしょう。しかし、ファイル数が多いとMETAタグを仕込むのが大変ですし、検索スパムと誤認されやすいという欠点もあります。サーバーサイドによるリダイレクトならそれらの多くが回避できますので、次はその設定方法を解説します。

 Apacheでリダイレクトを設定するには、.htaccessに以下のRedirectディレクティブを追加します。

Redirect permanent 旧パス 新URL

 旧パスにアクセスがあると、新URLにリダイレクトされます。もし旧パスがディレクトリであれば、それ以下のすべてのファイルへのアクセスが新URL下の対応するファイルへとリダイレクトされます。

 旧パスはサイトのトップディレクトリからのパス、新URLは完全なURLでなければなりません。いずれも.htaccessの場所には関係なく、相対パスは使用できないので注意してください。メンテナンス性の観点からも、トップディレクトリの.htaccessにすべてのリダイレクトを記述するのがお勧めです。

 例えば、「/old_path/」以下を「http://www.example.com/new_path/」にリダイレクトするなら、図3「リスト 5」のようにします(実際には1行で記述してください)。「/old_path/foo.html」へのアクセスが「http: //www.example.com/new_path/foo.html」へリダイレクトされるという動作になります。

 さらに柔軟な指定ができるRedirectMatchというディレクティブなど、ほかにもいくつか機能があります。興味のある方はApacheの公式サイトの解説(http://httpd.apache.org/docs/2.2/urlmapping.html#redirect)を参照ください。

エラーページのカスタマイズ

 Apacheのデフォルト設定では、存在しないページへのアクセスなどに対してとても簡素なエラーページを返します。これは非常にわかりづらく、せっかくWebサイトを訪れてくれたユーザーも立ち去るしかありません。そこで、多くのWebサイトはさまざまな工夫を凝らしたエラーページを表示しています。例えば、はてなブックマーク(http://b.hatena.ne.jp/)はサービスの簡単な説明とユーザー登録ページへのリンクを、Zoho(http://zoho.com/)は各サービスへのリンクを表示します(実際にエラーページを見るには、URLに存在しなさそうなファイル名を指定してください)。

 こういったカスタマイズされたエラーページを実現するのが、ErrorDocumentディレクティブです。エラーの種類ごとに、表示するページを指定できます。基本的な書式は以下のようになります。

ErrorDocument ステータスコード 表示するページのパス

 「ステータスコード」はHTTPの規格で定められた3けたの数字で、主なものを図3「代表的なステータスコード」にまとめました。「表示するページのパス」は、エラーページとして表示するHTMLファイルの、Webサイトのトップディレクトリからのパスです。Redirectディレクティブと同様に、相対パスは使えないので注意してください。

 例えば、ファイルが見つからない場合に「/error404.html」を表示するなら、以下の1行を.htaccessに追加します。

ErrorDocument 404 /error404.html

 「error404.html」は通常のHTMLファイルで、表示内容に制限はありません。ただし、表示されるURLが特定できない都合上、リンクなどに相対パスを使うことができません。必ず完全なURL、もしくは「/」で始まるトップディレクトリからのパスを使ってください。

 エラーページの表示内容は自由ですが、エラーの内容をユーザーに伝えるという本来の目的を満たせるよう、わかりやすいエラーメッセージを表示するのが重要です。その上で、ユーザーが次のアクションを取りやすいように、リンクや検索窓などを配置するのが良いでしょう。Googleのウェブマスターツール(http://www.google.com/webmasters/sitemaps/?hl=ja)では、実在する URLのサジェストやサイト内検索を表示するJavaScriptウィジェット(http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=93644&hl=ja)が提供されています。こういったサービスをうまく活用するのも1つの方法です。

 次回は特集のもう1つのテーマであるアクセシビリティに関係する機能を紹介します。

白髪になってもプログラムを組んでいたい、元ゲームプログラマーのWebエンジニア。いくつかのゲーム会社を渡り歩いた後、2007年にWebの世界に転身。現在はRuby on Railsを用いた業務システムの開発に従事している。ブログでの情報発信も精力的に展開。WebOS Goodies : http://webos-goodies.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています