PR

クラウドネイティブの真髄であるサーバーレスがキーノートに登場

2018年4月5日(木)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
Open Source Leadership Summitでサーバーレスのセッション行われた。まだ黎明期と言えるサーバーレスの要点とは?

The Linux Foundationが開催した「Open Source Leadership Summit」では、人工知能などのようにすでにブームが来ているテクノロジー以外にも、これから注目すべきトピックを取り上げたセッションもあった。それは「サーバーレス」に関するものだ。

クラウドネイティブなシステムには、急激なアクセスの増加に対応できるといった特徴がある。そのシステムを仮想マシンのサーバーをベースとして行うのではなく、クラウドの中でファンクションをコールするような簡単さで実現しようというのがサーバーレスの発想だ。

今回紹介するのは文字通り、Serverless, inc.の創業者&CEOであるAusten Collins氏によるプレゼンテーションだ。タイトルは「Serverless State of Union」。現状のサーバーレスに関する状況を俯瞰する内容だ。

プレゼンテーションのタイトルは「Serverless State of Union」

プレゼンテーションのタイトルは「Serverless State of Union」

AWSのコミュニティヒーローにも選ばれているCollins氏は、早くからサーバーレスに注目していて、AWSのサーバーレスであるLambdaを初期の段階から利用していたアーリーアダプターと言っていいだろう。

プレゼンテーションを行うCollins氏

プレゼンテーションを行うCollins氏

AWSのコミュニティヒーロー

Austen Collins氏の自己紹介

Austen Collins氏の自己紹介

まずサーバーレスは、「素早く実行できる」「革新的」「オーバーヘッドの削減」「コストの削減」が可能なソリューションであり、過去から続く問題を解決できるものして紹介した。

サーバーレスが解決するいにしえの問題とは?

サーバーレスが解決するいにしえの問題とは?

メインフレームの写真を使ったスライドでは「本当に自分でインフラストラクチャーを運用したいのですか?」と問うた。ここではモダンな自動化されたデータセンターではなく、IBMのメインフレームを素材として使うことで、自社で巨大なコンピュータインフラストラクチャーを運用することの非効率さを強調したと言える。

またLambdaのユーザーから自社のサーバーレスフレームワークの提供に至ったという背景から、2014年に初めてAWSのサーバーレスであるLambdaが登場した時を振り返って、「マイクロサービス」「実行した分だけ課金」「オートスケーリング」「管理工数の少なさ」などを挙げた。

AWS Lambdaの特徴

AWS Lambdaの特徴

そこから、自身が創業したServerlessの特徴の紹介に移る。ここでは、アプリケーションフレームワークであることと、そして何よりもオープンソースで開発が進んでいることを強調した。

Serverlessの特徴

Serverlessの特徴

そしてAWS以外にもサーバーレスが拡がっているとして、Azure Functions、Google Cloud Functionsなどを簡単に紹介し、その後、オープンソースの実装であるKubelessやFn、そしてIBMが推進するOpenWhiskなども取り上げた。

オープンソースのサーバーレスプロジェクトを紹介

オープンソースのサーバーレスプロジェクトを紹介

ServerlessのHPには、DockerやTerraform、さらにPaaSのパイオニアであるHerokuとの比較なども公開されているので参照されたい。

Comparisons: Serverless vs. other tools

また派生したプロジェクトとして「CloudEvents」というプロジェクトが立ち上がっていることを紹介。

参考:CloudEventsGitHub上のリポジトリ

ここから、コンテナによるアプリケーションのパッケージ化とサーバーレスは機能が重なり合っていること、SaaSは複層化していることなどを挙げ、未だ発展途上にあるサーバーレスが既存のプラットフォームとオーバーラップしていることを認めた上で、「サーバーレスがこれからあらゆるプラットフォームで実行できるようになるだろう」と予測した。

さらに乱立するプロジェクトに関しても、ベンダーロックインを避け、管理を委ねるのではなく自身で制御可能なものを選ぶこと、そしてサーバーレスの効果として掲げた「素早く開発と実行が可能なこと」と「オーバーヘッドを減らすこと」を両立できるプラットフォームを選ぶことの重要性を強調した。

サーバーレス選択の留意点

サーバーレス選択の留意点

そしてインフラストラクチャーやプラットフォームに注目するのではなく、あくまでもユースケースとそこから得られる結果に注目して選択を行うべきと提言して、プレゼンテーションを終えた。

インフラストラクチャーやプラットフォームではなく結果に注目すべき

インフラストラクチャーやプラットフォームではなく結果に注目すべき

Open Source Leadership Summitという場所を勘案して、自社のプロジェクトを全面に出すことは抑えたプレゼンテーションだったが、後半のコンテナやPaaSとのオーバーラップなどに関しては、今後Cloud Foundryのサミットなどでも議論されていくトピックであろう。まだ始まったばかりのサーバーレスだが、今後の動向に注目していきたい。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドインタビュー
第6回

CNCFの責任者Dan Kohnが語る次のターゲットはサーバーレス、中国、そしてテレコム業界

2018/4/6
「Open Source Leadership Summit」に招待されていたCNCFのExuecutive DirectorであるDan Kohn氏にインタビューを行った。
クラウドイベント
第5回

クラウドネイティブの真髄であるサーバーレスがキーノートに登場

2018/4/5
Open Source Leadership Summitでサーバーレスのセッション行われた。まだ黎明期と言えるサーバーレスの要点とは?
AI・人工知能イベント
第4回

Microsoft AzureのCTO「人工知能の進化はOSSとクラウドのおかげ」と語る

2018/3/30
Open Source Leadership SummitでMicrosoft AzureのCTOがAIとビッグデータについて講演し、ビジネス層には否定的な見方も強いAIの応用について明るい未来を語った。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

クラウドネイティブの真髄であるサーバーレスがキーノートに登場 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。