PR

KubeCon China初日のキーノートは中国を持ち上げるセッションが連発

2018年12月19日(水)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
KubeCon+CloudNativeCon China、初日のキーノートの内容を紹介する。

CNCF周辺でも存在感を増す中国系企業

KubeCon+CloudNativeCon Chinaは、初日11月13日がCo-Located Eventということもあり、翌日11月14日が実質的な初日ということになった。その最初のキーノートに登壇したのは、CNCFのExecutive DirectorであるDan Korn氏である。

中国で最初のKubeConということで、CNCFの概要の説明を行ったKorn氏だが、その中でも中国の成長を大きく取り上げることになった。

CNCFのExecutive Director、Dan Korn氏

CNCFのExecutive Director、Dan Korn氏

Korn氏は、今回の上海を含めて2018年に6回も中国を訪れていると語り、自身が中国を重要視していることを説明した。またCNCFのメンバーとしても中国の企業は存在感を強くしており、エコシステムの大きな部分を占めていると説明した。そして今後は、パートナーという役割だけではなく、エンドユーザーとしてもCNCFに加入して欲しいとリクエストした。

2015年から中国の企業メンバーが急増

2015年から中国の企業メンバーが急増

ソフトウェアプロジェクトの面でも、VMware China発のコンテナレジストリーであるHarbor、PingCAPがリードするTiKV、そしてAlibabaが本番で運用するイメージ配布システムであるDragonflyなど、CNCFがSandboxとしてホストする形で脚光を浴びたプロジェクトが急増している。

中国発のオープンソースソフトウェアの紹介

中国発のオープンソースソフトウェアの紹介

Korn氏は最後に、来年同じ上海で開催される予定の、第2回となるKubeConの日程を発表した。来年は、さらに規模が拡大しそうな勢いを感じるプレゼンテーションであった。そして中国におけるオープンソースソフトウェアの功労者として陆首群(Lu Shouqun)氏を壇上に招き、挨拶をさせるという一幕もあり、中国を大いに持ち上げる内容となった。

VMware China発のHarbor

続いて、中国発のCNCFのプロジェクトであるHarborを紹介するために登壇したのが、VMware ChinaのHenry Zhang氏とAlan Ren氏だ。

VMware ChinaのHenry Zhang氏。左側のスライドは中国語表記

VMware ChinaのHenry Zhang氏。左側のスライドは中国語表記

なおキーノート会場では、中央のポディウムを中心に左に中国語表記のスライドが、右に英語表記のスライドが表示されており、大部分の中国からの参加者にフォーカスしていることがわかる。なお前面のスクリーンはプロジェクターではなく、全面LEDのモニターだった。

Harborの概要

Harborの概要

Harborは、コンテナレジストリーとしてVMware Chinaで開発がスタートしたソフトウェアだ。中国発のソフトウェアとして初めて、サンドボックスプロジェクトとしてCNCFにホストされたということが、中国のエンジニアにとっては大きなニュースということだろう。

実際に開発が始まったのが2014年で、GitHubにオープンソースソフトウェアとして公開されたのが2016年ということなので、思った以上に歴史のあるソフトウェアだ。同じポジショニングのコンテナレジストリーであるQuayがCoreOSに買収されたのが2014年、そしてCoreOSがRed Hatに買収され、「Red Hat Quay」になったのが2018年初ということなので、開発の長さという意味ではQuayのほうが若干優っている。だが、何よりも中国での利用の拡がり、そして中国語はもちろんとして英語、スペイン語などにローカライズされていることを勘案すれば、「OpenShiftの一部」という扱いのQuayと比べてHarborに高い評価を与えたCNCFの判断に疑問はないだろう。

Harborの開発の経緯

Harborの開発の経緯

Harborのユースケースをみても、中国の企業名が数多く挙げられており、ここでも中国が発祥のソフトウェアの強みをみせた形になった。

Harborのユーザー例

Harborのユーザー例

また最後にHarborの開発コミュニティメンバーを登壇させて、お披露目を行った辺りに、中国人コミュニティの中で一種のお祝いモードだったという空気を感じられた。

ステージ上で紹介されるHarbor開発チームのエンジニアたち

ステージ上で紹介されるHarbor開発チームのエンジニアたち

<編注:2018-12-27 00:00更新>一部の製品名が間違っておりましたのでお詫びして訂正致します。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第6回

CNCFによる中国人のためのイベントだったKubeCon China

2018/12/28
KubeCon+CloudNativeCon Chinaの会場のようすを写真で紹介する。
仮想化/コンテナイベント
第5回

中国企業が目立ったKubeCon Chinaの2日目のキーノート

2018/12/27
KubeCon+CloudNativeCon China、2日目のキーノートはほぼ中国語で実施され、中国からの参加者を重視した内容だった。
仮想化/コンテナイベント
第4回

KubeConChinaで見たKubernetesエコシステムを支えるツールたち

2018/12/26
KubeCon+CloudNativeCon Chinaで、KustomizeやConsul ConnectなどのKubernetesエコシステムの一翼を担うツールに関するセッションが行われた。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています