PR

Open Source Leadership Summit開催 FoundationモデルはOSSのインキュベーションのコアとなる

2019年4月9日(火)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
2019年3月にカリフォルニアのハーフムーンベイにてOSLSが開催された。Linux Foundationは複数のFoundationの創立を発表した。

Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアを推進するLinux Foundationは、Open Source Leadership Summit(以下、OSLS)開催に合わせてオープンソースソフトウェアをホストする複数のFoundationの創立を発表した。本稿ではキーノートで紹介されたContinuous Delivery Foundation、GraphQL Foundation、そしてOpenJS Foundationについて紹介したい。

Continuous Delivery Foundationの紹介を行うJim Zemlin氏

Continuous Delivery Foundationの紹介を行うJim Zemlin氏

まとめてしまえば、今回のSummitでGraphQL Foundation、Continuous Delivery Foundation、OpenJS Foundationの3つが発表されたことになる。より正確には、GraphQL Foundationの創設は2018年11月にLee Byron氏がブログ記事で公開しており、今回はLinux Foundationのサブプロジェクトとして12月に参加が発表されたJoint Development FoundationにGraphQL Foundationが加わり、標準仕様の開発を進めるということの発表である。Facebookから始まったGraphQLが、ガバナンスを透明化するためにFoundationとして活動を続け、そこにLinux FoundationとJoint Development Foundationが協力するという構図と言える。

キーノートでは、それぞれのソフトウェアを支えるコミュニティの中心となる企業やコアなコントリビュータが登壇し、それぞれの意義などについて多くの時間を割いてプレゼンテーションが行われた。

GraphQL Foundation

最初に登壇したのは、元FacebookでGraphQLの開発の中心にいたLee Byron氏だ。Byron氏はFacebookでの経験を振り返って、どうしてGraphQLが生まれたのかを解説した。

GraphQLを振り返る

GraphQLを振り返る

FacebookはもともとWebブラウザをベースとして開発されていたが、近年のスマートフォンの隆盛に合わせてインターフェースを作り変える必要に迫られていたという。その際にHTML5をベースとしてインターフェースを開発することでスマートフォン対応を行おうとしていたが、それは失敗であったと語った。

FacebookのHTML5への期待は失敗に終わった

FacebookのHTML5への期待は失敗に終わった

そこから様々なデバイス、データベースへのクエリーと結果をエレガントに表現できる手段として、React.js、さらにGraphQLの開発を進め、最終的にReact EuropeでGraphQLのオープンソースソフトウェア化を発表し、現在に至るというのが簡単な経緯となる。そのプロジェクトをFacebookで推進したのが、Lee Byron氏である。

GraphQLは型付けとシンプルなクエリーが大きな特徴

GraphQLは型付けとシンプルなクエリーが大きな特徴

そして2019年には安定したリリースとして開発を進め、今回のFoundationという形に着地したという`わけだ。少数の企業のエンジニアがコードを書きつつ、コミュニティを拡大するというやり方には限界があったであろうことは想像できる。

GraphQL Foundation:https://gql.foundation/

Lee Byron氏のブログ記事:Introducing the GraphQL Foundation

Continuous Delivery Foundation

続いてCI/CDを実現するJenkinsの開発元であるCloudBeesの川口耕介氏が登壇し、JenkinsがContinuous Delivery Foundationへ参加した経緯などを紹介した。

なお川口氏は自身のブログでもContinuous Delivery Foundationの創設について記事を公開しているので、参考にして欲しい。

参考:Continuous Delivery Foundationが発足しました

Continuous Delivery Foundation:https://cd.foundation/

川口氏が書いているように、クラウドネイティブなシステムは潤沢なエンジニアリングリソースを持つパブリッククラウドプロバイダーによって存続が危うくなっている状態にある。これはRedis、Elastic、MongoDBなどの「オープンコア戦略」を取り続ける営利企業とっては大きな問題となっている。そういう意味では、同じような機能を果たすツールが一つの団体の中でまとまることは、デベロッパーというよりもユーザーにとって都合が良いだろう。少なくともその団体に属するツールであれば、脆弱性などについてもコミュニティが協力して対処する確率が高いからだ。

またガバナンスや意思決定についても、少数の企業が中心となって行われることでコミュニティの健全な拡大を妨げることにも繋がる。キーノートの後に川口氏に尋ねてみたところ、「Foundationを作り、そこでホストされることで乱立するCI/CDツールが健全な競争を行えるようになることを希望している」というコメントが得られた。

プレゼンテーションを行うCloudBeesの川口氏

プレゼンテーションを行うCloudBeesの川口氏

Continuous Delivery FoundationについてはCloudBeesだけではなく、GoogleのエンジニアがTektonを、NetflixのCD担当のDirectorがSpinnakerを紹介するなど、多彩な顔ぶれが揃った。実際Jenkins、Jenkins X、Tekton、Spinnakerなどが揃ってContinuous Delivery Foundationへの参加を決めており、ツール同士で競争しながらも組織としては活性化が促進されると思われる。

現在のビジネス環境ではアプリケーションの迅速な実装が求められており、それを加速するCI/CDはオンプレミス、パブリッククラウド、そしてハイブリッドクラウドにおいてますます重要な役割を果たすだろう。

OpenJS Foundation

またWeb開発という意味では、Node.jsとJavaScriptのそれぞれのFoundationが一つにまとまったことも大きなニュースとなった。現時点でJavaScriptがサーバー側、クライアント側の双方において重要な開発言語であることは明らかだ。しかしこれまでは、Node.jsがio.jsなどにフォークされたり、主な開発を行っていたJoyentがNode.js Foundationを創設したもののあまり上手く運営されているとは言えない状態であった。今回Linux Foundationの下で一つのFoundation、OpenJS Foundationとしてまとまることによって、ガバナンスの透明化とリソースの集中が行われると思われる。

OpenJS Foundationを発表するJory Burson氏(左)とMyles Borins氏(右)

OpenJS Foundationを発表するJory Burson氏(左)とMyles Borins氏(右)

なおGitHubには、OpenJS Foundationとして統合されるまでの打ち合わせのメモが残っており、こういう部分からも透明性を高めたいという意図を感じる。

参考:https://github.com/openjs-foundation/bootstrap

OpenJS Foundation:https://openjsf.org/

JavaScriptのエコシステムの中でNode.jsが果たす役割は大きく、Node.jsと一緒にエコシステムを拡大したいという意図を強く感じるトークとなった。「誰も私達が一つになれるなんて思ってなかったでしょ?」とBurson氏は冗談めかして語ったが、仲介役となったLinux Foundationの成果と言えるのではないだろうか。

OSSにおけるFoundationの必要性

ここでわかるのは、Linux FoundationもCNCFも自然発生的なコミュニティによるガバナンスには限界がある、と考えているということだろう。オープンソースソフトウェアがインフラストラクチャーとして重要な役割を担うようになった現在、もうホビーとしてソフトウェアを作り、ガバナンスをコミュニティに任せるやり方ではその役割に応えることはできない、そのために積極的にFoundation作りに関与することで、インフラストラクチャーとしての責任を果たしていこうという姿勢を感じる一連のセッションとなった。

ちなみに以前、CNCFのCTOであるChris Aniszczyk氏にCI/CDについて重要であるという認識をベースに「CNCFで新しいプロジェクトをホストする予定は?」と質問した際に、「Jenkinsはすでに成熟したコミュニティがあり、CNCFでホストする必要はないと思う」という回答を得たことがある。このことを考えると、すでにCNCFではなく別のFoundationによるホスティングとガバナンスを考えていたのかもしれない。どちらにせよLinux FoundationとCNCFが「Foundationモデル」とでも呼べるような形式でオープンソースソフトウェアのコミュニティを活性化しようとする流れと、Core Infrastructure InitiativeそしてCommunityBridgeの2つのファンディングモデルを活用して、デベロッパーを経済的に支援するという流れには注目していきたい。日本においても、企業発でオープンソースソフトウェアを公開してみたものの、あまり活性化されていないプロジェクトにとっては、大いに参考になる動きであろう。

参考:Open Source Leadership Summit開催、変化に対応し持続するために何をするべきか?

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

OSSインタビュー
第5回

Open Source Leadership Summit開催 「ホールウェイトラック」が一番人気?

2019/4/12
2019年3月にカリフォルニアのハーフムーンベイにてOSLSが開催。招待制のカンファレンスの別の意義とは?
OSSイベント
第4回

Open Source Leadership Summit開催 OSS運営に関する多数のセッションが開かれる

2019/4/11
2019年3月にカリフォルニアのハーフムーンベイにてOSLSが開催。2日目はコミュニティ運営に関するセッションが多数実施された。
OSSイベント
第3回

Open Source Leadership Summit開催 FoundationモデルはOSSのインキュベーションのコアとなる

2019/4/9
2019年3月にカリフォルニアのハーフムーンベイにてOSLSが開催された。Linux Foundationは複数のFoundationの創立を発表した。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Open Source Leadership Summit開催 FoundationモデルはOSSのインキュベーションのコアとなる | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。