PR

データをDynamoDBへ保存&mockmockによるIoTシステムのテスト方法

2020年3月27日(金)
岡嵜 雄平

mockグループ・mockステータスの作成

データの準備ができたので、続いてmockの設定に移ります。サイドメニューの「mockグループ」の新規作成をクリックし、以下の通り入力します。

項目名 入力値
mockグループ名 check_point
最大稼働時間[sec] 300

mockグループ新規作成

入力したら「登録」をクリックしてください。

次に、タブの「mockステータス」をクリックし、「mockステータス作成」をクリックします。

mockステータス

以下の通り入力します。

項目名 入力値
状態名 default
初期状態 チェック
Topic /check_point
QoS 1
Retain 無効
最小送信間隔[sec] 10
最大送信間隔[sec] 10
データテンプレート check_point

mockステータス作成

入力したら「登録」をクリックしてください。

mock起動

タブの「mock管理」をクリックし、「mock作成」をクリックします。MQTTクライアントIDはデバイスと区別できるよう、任意の値を入力してください。

mock新規作成

mockが作成されるので「操作」→「起動」の順にクリックするとmockが起動します。

mock起動

DynamoDBに値が格納されています。

DynamoDBテーブルにPUTされたデータ

Slackにも通知が来ました。

Slackへの通知

その他mockmockの活用例

今回は、バリュージェネレーターとして「バケットバリュージェネレーター」を使用しましたが、mockmockを使うとグラフを操作することで値を設定できる「グラフバリュージェネレーター」や、地図上で位置情報を設定する「位置ジェネレーター」も利用できます。

グラフバリュージェネレーター

位置ジェネレーター

また、有料プランを使用すると、以下のようなテストも実施できます。

  • 複数(最大5万台)のmockを使った、クラウドアプリケーションの負荷テスト
  • 周期10秒未満の高頻度なデータ送信によるテスト(High-end mock)
  • 複数ユーザでのプロジェクトの共有(Organization)
  • 実際のデバイスから送信したデータの蓄積・加工・再送(DataRecorder)
  • SORACOMを利用したテスト(50台以下のmockであればオプション不要 / 51台以上は SORACOM Unlimited)

この中で特に重宝するのが「DataRecorder」です。DataRecorderを利用するとデバイスから送信したデータをmockmock上のストレージに蓄積できます。

データレコーダー概略

蓄積したデータはmockmockのコンソールで閲覧できるだけでなく、必要に応じて加工した上で、クラウドアプリケーションへ何度でも送信し直すことができます。

データレコーダーデータ閲覧画面

クラウドアプリケーションが未完成の状態でデバイスをテストする場合や、デバイスが遠隔地に存在する状況下でクラウドアプリケーションを繰り返しテストする場合に重宝します。

有料プランを活用することで、より簡単に本番運用に近い環境でのテストを実現できますので、ぜひご利用ください。

おわりに

本連載も、今回で最終回となります。全3回を通じて、IoTシステム開発のイメージを掴んでいただけたでしょうか。既存のデバイスやクラウドサービスを活用することで、個人開発レベルであればIoTシステムを構築できることがお分かりいただけたかと思います。

また、IoTシステムの品質を担保する観点でmockmockの活用方法も紹介しました。PoCから本番運用に進むIoTシステムを開発・テストする際の手助けとなることを祈っています。

最後になりましたが、本記事を参考に、読者の皆さまがIoT開発の最初の一歩を踏み出すきっかけとなれば幸いです。

株式会社Fusic
mockmockの運用・開発を担当するエンジニア、AWS Certified Solutions Architect – Professional。山口県出身。高専卒業後、関西にて組込みソフトウェアの開発を数年間経験。その後、福岡へJターン転職。同時にWeb/IoTエンジニアにスキルチェンジした。プライベートでは2児の父。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

データをDynamoDBへ保存&mockmockによるIoTシステムのテスト方法 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。