PR

Ubuntuサーバの管理

2008年6月19日(木)
小林 準

設定ファイルの編集方法

 サーバの設定は大まかに言えば、設定ファイルを変更し、そのファイルをプログラムに読み込ませることの繰り返しです。そのため、設定ファイルの編集という作業は、サーバ管理の大きな部分を占めています。そこで、Ubuntuサーバで設定ファイルを編集する方法を紹介します。

 Ubuntuサーバ標準のテキストエディタはnanoです。/etc以下にある設定ファイルを変更する場合は、sudoを用いて以下のように実行します。

$ sudo nano 編集するファイル

 nanoは画面下部に操作方法が表示されます。例えば、「^G」とあるのは「コントロールを押しながらGを押す」という意味です。nanoの主な操作方法は、図2の通りです。

 もちろん、UNIXで古くから使われてきたviを利用することも可能です。ただし、標準でインストールされるのはコンパクト版のvim(VI Improved)であり、機能に制限があります。viコマンドを起動すると、このコンパクト版が起動します。

 これは、以下の通りシンボリックリンクとなっている/usr/bin/viのリンク先を調べることで分かります。

$ ls -l /usr/bin/vi
lrwxrwxrwx 1 root root 20 Jun 7 16:22 /usr/bin/vi
-> /etc/alternatives/vi

 リンク先が、/usr/bin/vim.tinyとなっていることから、コンパクト版が起動することが分かります。vim.tinyが、vimのコンパクト版です。

$ ls -l /etc/alternatives/vi
lrwxrwxrwx 1 root root 18 Jun 7 16:22 /etc/alternatives/vi
-> /usr/bin/vim.tiny

 viを利用するなら、以下のコマンドでvimパッケージをインストールしておくのが良いでしょう。

$ sudo apt-get install vim

 インストール後、以下のように /etc/alternatives/vi のリンク先が変わり、通常のvimが起動するようになります。

$ ls -l /etc/alternatives/vi
lrwxrwxrwx 1 root root 18 Jun 7 20:24 /etc/alternatives/vi
-> /usr/bin/vim.basic

ネットワークの設定

 Ubuntuのネットワーク設定は、サーバOSとして広く用いられているRed Hat系のディストリビューションとは異なるので、最初は戸惑う方が多いかもしれません。しかし、設定ファイルの配置さえ分かれば、難しいことはまったくありません。

 まずは、イーサネットの設定です。イーサネットに関する設定の大部分は、/etc/network/interfacesというファイル1つに記述されています。インストーラで固定アドレスを設定した場合、図2のリスト1のようになります。イーサネットデバイスが1つだけ搭載されたコンピュータの場合、この例のようにlo(ループバックデバイス)とeth0(1つめのイーサネットデバイス)の2つが定義されます。2つ以上のイーサネットデバイスが搭載されている場合は、eth1、eth2…となります。

 「auto」で始まる行は、起動時に自動でインタフェースを有効化することを指定しています。「iface」で始まる行は、インタフェースの定義です。固定アドレスを設定する場合、続く行でIPアドレスなどの値を設定します。変更する場合、これらの値を編集して保存し、以下のコマンドを実行すれば、変更が適用されます。

$ sudo /etc/init.d/networking restart

 なお、インストーラでDHCPサーバを利用してネットワークの自動設定を行った場合、eth0の定義は図2のリスト2のようになります。インストール後に固定のIPアドレスに変更する場合は、リスト1を参考に書き換え、上記のコマンドを実行します。

 DNSリゾルバの設定は、ほかの多くのディストリビューションと同様、/etc/resolv.confにあります。図3のリスト3は、resolv.confの例です。

 search行には、ホスト名の後に付加されるドメイン名を指定します。この例の場合、例えば「www」というホストにアクセスしようとすると、「www.example.jp」も検索対象となります。nameserver行には、利用するネームサーバのアドレスを記述します。search行やnameserver行は、複数記述することができます。

 固定アドレスを利用する場合、このファイルをエディタで編集して設定を変更します。DHCPサーバを利用する場合は、このファイルを直接変更しないでください。DHCPサーバから取得した情報をもとに、自動的に生成されます。

Ubuntu Japanese Team
Ubuntuプロジェクトのオフィシャルメンバーで、Ubuntu Japanese Teamの代表として活動している。最近は、業務でUbuntuをサーバOSとして利用することも多くなってきた。著書に「独習Linux」(翔泳社、2007年1月)がある。http://junkobayashi.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています