PR

Flashを使ったソーシャルなサイトを探訪する

2008年6月5日(木)
吉田 光利

特殊なインターフェースとFlash

 最後に紹介するのが、Flashを使った理想のサイトといえるiKnow!(http://www.iknow.co.jp/)です。英語学習のためのコミュニティーサイトなのですが、Flashを使用した英語学習アプリケーションは圧巻です。

 iKnow!は語学を学ぶ人のための、パーソナル学習アプリケーションを搭載したコミュニティーサイトです。脳科学に基づいて開発されたラーニング・エンジンが、あなたの学習パフォーマンスをすべてトラッキングし、最適な学習プランを自動的に提供するという画期的、かつ効果的な方法で英語を学習できます。

 Flashによる学習アプリケーションの提供と、Ruby on Railsによるソーシャル機能の実装によって、見事に上記のコンセプトを実現しています。それではiKnow!の基本的な使い方を紹介しながら、それらの技術がどのように使われているか見ていきましょう(図3)。

 iKnow!を始めるに当たって最初にすることは、これから学習するチャンネルの選択になります。このチャンネルというのは、スクールで言うと講座に当たるもので、それぞれのチャンネルにオーナがいます。オーナと言うのはスクールで言うと講師兼チューターに当たるようなもので、そのチャンネルの責任者です。チャンネルには初心者向けのものから上級者向けのものまで、いくつか用意されています。自分のレベルにあったチャンネルを選択し、学習を始めることができます。

 例えばTOEICチャンネルを選択してみると、TOEICチャンネルの詳細ページに遷移します。さらにここでいくつかのシリーズに分かれていて、その中でもいくつかのコースに分かれています。ユーザーはその中から自分のレベルに合ったコースを選択します。

 コースが決まったので、いよいよ学習の開始です。iKnow!アイコンをクリックすると別ウインドウが開き、Flashコンテンツが表示されます。ここではまず学習のスケジュール(終了予定日)を決めてスタートします。

 そして、このサイトの真骨頂とも言える、Flashコンテンツによる学習が始まります。クイズ形式で進んでいくのですが、これがものすごく小気味がいいのです。ほとんどはキーボードショートカットでいけるし、まったくストレスを感じません。筆者は任天堂DSの「英語漬け」も以前にプレイしましたが、それと同等、もしくはそれ以上のレスポンスのよさを感じます。しかも無料、これはすごい!というかFlashでここまでできるということに感動を覚えます。そして、レッスンが終了すると今回学習した内容が表示されます。ウインドウを閉じてマイページに変えると先ほどのレッスンが記録されていて、進捗状況などを確認することができるようになっています。

Flashの持つ可能性

 このようにFlashを使用したインターフェースとWebアプリケーションを組み合わせると、非常にパワフルなサイトを作成することができます。iKnow!のようなコンセプトを持つサイトは、HTML+CSS+Ajaxでは実現不可能ですし、Flashとい存在があったからこそ形になったと思います。このようなサイトの登場は、既存の教育スタイルも変えてしまうようなパワーを持っています。筆者も教育業界にも身をおいているので、このようなアプリケーションの登場はすごく刺激的です。

 ここで使われている技術は今回の特集で紹介するFlash+Ruby on Railsです。この2つの技術を習得すれば、このような未来型のサイトを構築することも夢ではありません。次回は、日本ではもう見る事も聞く事もできないPandora.comのような連続再生できるラジオを制作していきます。

BRIANS PET TOKYO主催者 WebデザインからRuby on RailsでのWebアプリ構築までをトータルに行うWebコンテンツデザイナ。現在はBRIANS PET TOKYOにてWebアプリケーション「DORIBAR(ドリバー) 」を開発中 http://brianspet.com

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています