PR

JavaScriptTemplates(JST)入門!

2009年1月28日(水)
志田 裕樹

JavaScript用テンプレートエンジン「JST」とは?

 皆さんがこれまで制作に携わったAjaxアプリケーションは、次のどのタイプだったでしょうか。

1.HTMLファイルの中にJavaScriptの記述が混ざっている
2.JavaScriptファイルの中にHTMLの記述が混ざっている
3.JavaScriptファイルとHTMLファイルが完全に分離されている

 最近では、jQueryなどを使うことで、HTMLファイルからJavaScriptを追い出して、JavaScriptファイルの中にHTMLの記述が混ざっている状態で、制作をしている人が多いのではないでしょうか。

 今回紹介する、JavaScript用テンプレートエンジン「JavaScript Templates(JST)」は、TrimPathというJavaScript用フレームワークの中で使用されているテンプレートエンジンです。JSTを使用することで、JavaScriptファイルとHTMLファイルが完全に分離されている状態を実現することができます。

 今回は、jQueryとJSTを使ったHello World的な簡単なサンプルと、外部サイトのRSSの埋め込みという、より実践的なサンプルを使って、JSTの使い方を紹介していきます。本記事を理解するために、JavaScriptやJSON、jQueryなどの知識が必要な個所がありますが、その都度、外部解説ページへのリンクもありますので、参照しつつ読み進めてみてください。

Hello JST!

 JSTの使い方を学んでいただくために、簡単なサンプルを用意しましたのでこちらからダウンロードできます(808_1.zip/25.1 KB/GPL)。

 それでは、図1を見てみてください。このサンプルでは、「名前」のテキストボックスに名前を入力して「送信」を押すと、「こんにちは ○○ さん!」とJavaScriptで表示します。

 このサンプルのHTMLファイルには以下のようなマークアップが存在します。



 この

株式会社アークウェブ
取締役 CTO。2004年1月より株式会社アークウェブの創業スタッフとして勤務。SEとしてさまざまなWebシステムの構築に従事。オープンソースコミュニティーZen Cart.JPにてコミッターの役割を務め、Zen Cart、Ajax、Ruby on Railsなどの記事執筆も行っている。http://www.ark-web.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています