PR

プラグインでカスタマイズ

2009年3月30日(月)
NORI(伊藤のりゆき)

「カテゴリを並べ替える」プラグイン

 MTに標準機能でありそうでないものに「カテゴリの並びを指定する」というものがあります。ブログなどを作ると、カテゴリも作成したものが自動で追加されていきます。これは、非常に便利なのですが、カテゴリの並びが、日本語だと「ひらがな」が「漢字」の前に来てしまうため「その他」という名前のカテゴリが一番上に表示されるなど、いまいちな結果になってしまいます。

 そこで、本来は完全自動のカテゴリの並び替えを自分で制御する方法としてプラグインやMTタグを利用する方法など、たくさん考えられてきました。

 その中でも、今回紹介する「カテゴリとフォルダを並べ替えるプラグイン」(藤本 壱さん作)の方法は使いやすく考えられたUIを持っています。そこで、このプラグインをインストールしてから実際に使用するまでを順を追って解説していきましょう。

 「カテゴリとフォルダを並べ替えるプラグイン(MT4以降用)」(http://www.h-fj.com/blog/archives/2007/08/28-114447.php)ページから、自分のMTのバージョンに合わせてプラグインファイルをダウンロードします。

 ファイルをダウンロードすると、「plugins」「mt-static」の2つのフォルダがあります。それぞれを、MTのインストールディレクトリにアップロードします。このプラグインのインストールは、アップロードだけで完了です。

 また、このプラグインはデータベースを拡張しているため、インストール直後には、データベースをアップグレードする必要があります。「アップグレード開始」をクリックすると自動的に始まります。いくつかのプラグインではデータベースにデータを残すために、このようなアップグレードを促されます。

 プラグインのインストールをしたら、MTの管理画面へいき「ツール > プラグイン」で、正しくインストールされているかどうかを確認します。一覧に「Sort Categories and Folders 1.02」などとあれば、インストールは完了しています。

 このプラグインは、管理画面に機能を追加するので、ブログを選択してから、「一覧 > カテゴリ」を見てみましょう。

 「カテゴリの管理」画面では、「トップレベルカテゴリを作成」リンクの右となりに「カテゴリの並べ替え」というリンクができています。

 「カテゴリの並べ替え」をクリックすると、MTがデフォルトで出力する順番通りに並んでいますので、そこでボタンをクリックして順番を変更します。

「カテゴリ並べ替え」のためテンプレート修正

 「カテゴリの管理」画面で設定が完了したら、次はテンプレートを修正しましょう。

 このプラグインをインストールすると、MTでカテゴリ表示に使用されるタグに対して、sort_method="SortCatFld::Sort"というモディファイアが使用できるようになります。

 例えば、などです。

 カテゴリ一覧を表示しているのはトップページや、それぞれのカテゴリ別アーカイブページ、月別アーカイブページです。まず、トップページのテンプレートを確認します。MT管理画面で、インデックステンプレートのメインページを開くと、該当個所は「サイドバー」ウィジェットの中にあることがわかります。

 そこで、そのテンプレートソースの右にある「インクルードテンプレート」の「サイドバー」をクリックします。

 さらに「サイドバー」テンプレートでは「3カラムのサイドバー(メイン)」をクリックするとウィジェットセットの管理画面を開きます。この中のウィジェット「アーカイブウィジェットグループ」の中にある「カテゴリアーカイブ」ウィジェットテンプレートが、肝心のカテゴリ一覧を出力するテンプレートになっています。

 該当個所は「カテゴリアーカイブ」ウィジェットテンプレートの5行目にある「」です。

 ここを「」と書き換えて「保存」し「再構築」すると「カテゴリの並べ替え」で設定した並び順に変わっています。

 次ページでは、このようなMT用のプラグインをいくつか紹介したいと思います。

著者
NORI(伊藤のりゆき)
有限会社トゴル・カンパニー(http://togoru.net/)代表、ロクナナワークショップ講師(http://67.org/ws/instructor/nori.html)。ロクナナワークショップでは「NORIのFlashユーザーのためのMovable Type講座(http://67.org/ws/workshop/detail/060mt.html)」など、主にFlash+αを担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています