PR

アクセスアップのためのWPソーシャル化

2009年3月31日(火)
清音

Twitterとブログをつなげる

 ブログサイドではTwitterへのリンクだけでなく更新情報を表示することも可能です。

 このブログパーツはTwitterで「設定 → ユーザー情報」と入り、「あなたのWEBサイトにもTwitterを表示させよう」という個所をクリックすると、2種類のウィジェットから選択できます。このソースをブログのサイドバーに貼(は)り付ければ完成です。

 またWordPressのプラグインでは「WP to Twitter」(http://www.joedolson.com/articles/wp-to-twitter/)というものがあり、これはWPに投稿した記事の更新情報(記事へのリンクとタイトル)を自動でTwetterにつぶやきとして投稿してくれます。

 設定方法は以下の通りです。

 1. プラグインを有効化します。

 2. 「設定 → WP->Twitter」で、設定画面が表示されます。図3を参考に、Twitterのログイン情報などを保存します。

 3. 設定によって、ブログ記事を投稿した場合などに、Twitterにつぶやきとして投稿されます。

Yahoo!ログールとあわせて読みたい

 「Yahoo!ログール」(http://logoole.yahoo.co.jp/stream)と「あわせて読みたい」(http://awasete.com/)というブログパーツがあります。これらは、WordPress専用のブログパーツではないですが、被リンクになるのでSEO効果もありアクセスアップにはおすすめのブログパーツです。

 この2つのブログパーツはSEO効果だけでなく、本来の機能である「関連するテーマのブログとのアクセス交換」が強みです。テーマが関連するブログからアクセスしたユーザーは、その後読者として定着してくれたり、ソーシャルブックマークをしてくれたり、関連する記事からリンクをしてくれたりする可能性が高い層です。

 この2つ以外にも、「あし@」(http://www.ashia.to/)もアクセスを交換できるブログパーツです。それ以外にもさまざまな、ブログパーツが「blogparts.com」(http://www.blog-parts.com/)というサイトで公開されています。

 ただし、ブログパーツをたくさん貼(は)り付けすぎると、ページの表示が重くなるだけでなく、見た目もごちゃごちゃしてデザインを崩しますので気をつけましょう。

在米ベンチャー企業勤務。輸入卸売業、ネットショップ展開などに従事する傍ら、個人でもアフィリエイトサイトを多数運営。海外SEOブログ(http://seofromusa.com)、Sphinn Japanブログ(http://blog.sphinn.jp/sugane)で執筆中。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

アクセスアップのためのWPソーシャル化 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。