PR

Webサービスの基本

2010年1月5日(火)
藤本 壱

Webサービスとは?

今回から4回に亘って、「RESTなWebサービスの利用/開発」と題して連載します。Webサービスの基本的な仕組みや、Webサービスを利用するアプリケーションの作り方、またWebサービスそのものの作り方などの基本を紹介します。今回は、Webサービスの基本的な仕組みについて紹介します。

インターネットが一般に広く使われるようになるにつれて、インターネットを活用したシステムやサービスが増えてきました。中でも、Webはインターネットの中心的存在で、Webを使ったシステムやサービスは飛躍的に進化してきました。

Webの活用形態の1つとして、2000年代初めごろに「Webサービス」(Web Service)が登場しました。Webサービスとは、大まかにいえば、Webの通信の仕組みを利用して、コンピュータ同士でさまざまなデータをやり取りし、分散処理を行うシステムです。

Webサービスは、出始めたころはイメージが先行して、かなり期待を集めたことがありました。その後は、当初期待されたほどの普及には至っていませんが、着々と利用が広がっています。

現在では、大量のデータを蓄積している業者が、そのデータをWebサービスの形で、一般のユーザーやプログラマーに提供している事例が多くなっています。

例えば、ショッピング・サイトのAmazon.comでは、「Product Advertising API」というWebサービスを提供しています。このWebサービスを使うと、Amazon.comで扱っている商品を検索したり、ショッピング・カートを操作したりといった機能を、オリジナルのアプリケーションに組み込むことができます。

Amazon.comのほかにも、Web関係の大手企業などから、さまざまなWebサービスが提供されています(図1-1)。

WebサービスとHTTP

先ほど、「WebサービスはWebの通信の仕組みを利用している」と述べました。従って、Webサービスを利用/開発するためには、その「通信の仕組み」についての知識が必要になります。

通信手順の取り決めのことを、「プロトコル」(Protocol)と呼びます。Webの世界では、「HTTP」(HyperText Transfer Protocol)というプロトコルで、通信が行われています。

HTTPは、WebブラウザなどのクライアントがWebサーバーにデータを要求し、それにWebサーバーが答える、という形のプロトコルです。例えば、Webブラウザが、「http://○○○.com/index.html」のようなアドレスにアクセスする場合、以下の手順で通信が行われます(図1-2)。

(1)Webブラウザは、「○○○.com」のWebサーバーに接続します(サーバーは接続を受け付けます)。
(2)Webブラウザは、Webサーバーに対して「GET /index.html」という命令(メソッド)を送ります。
(3)Webサーバーは、(2)の命令に反応して、「index.html」の内容と、付随的な情報を、Webブラウザに送信します。
(4)Webブラウザは、Webサーバーから送られてきた内容を受信し、解析して、Webページとして画面に表示します。

上の例では、「GET」というメソッドを取り上げました。WebブラウザがWebサーバーにアクセスする際には、GETメソッドが使われる機会が多いです。また、フォームの送信などの際には、「POST」というメソッドも使われます。

さらに、HTTPでは「HEAD」「PUT」「DELETE」など、いくつかのメソッドが定義されています。

次ページからは、Webサービスの例をいくつか紹介しながら、RESTの特徴や、よりシンプルにWebサービスを使う試みについて解説します。

1969年生まれ。神戸大学工学部電子工学科卒。ソフトメーカー勤務後、フリーライターとして独立。現在では、パソコン関係およびマネー関係の書籍を中心に執筆活動を行っている。ブログ「The blog of H.Fujimoto」は、Movable TypeやWordPressの情報を中心に毎日更新している(http://www.h-fj.com/blog/)。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています