PR

ロボットソフトウエアと標準化

2009年6月11日(木)
長瀬 雅之

ロボットサービスを標準化するRSNP

 RTCとRTミドルウエアは、ロボット開発のための標準とオープンプラットホームであることはご理解いただけたことと思います。次に、少し視点を変えて、ロボットでサービスをするための標準に触れておきます。

 ロボットでサービスをするための標準には、RSNP(Robot Service Network Protocol)があります。RSNPは、一言で言うと、ロボットをインターネットに接続してサービスするための標準です。

 コンピューターにネットワーク接続が欠かせないように、これからのロボットにもネットワーク接続が欠かせません。そこで必要となるプロトコルがRSNPです。RSNPにのっとって、端末であるロボット側とインターネット上のサービスサーバー側を実装し、それにより、どんなロボットを接続しても一律にサービスを受けられるようになります。

 例えば、同じお天気情報や防災情報を、あらゆる企業のロボットが同様に受けられる、ということになります。この実証実験は2005年に行われ、現在も実験運用を継続しています。

 RSNPはRTCとは異なり、国策プロジェクトの成果ではありません。純粋な企業コンソーシアムであるRSi(Robot Services initiative)で策定、公開されています。RSiには、ロボットメーカー、システムメーカー、ソフトメーカーだけでなく、サービス提供側として、コンテンツプロバイダーが参加していることが大きな特徴です。

 RSNPは、ロボットサービスのための国内唯一の標準です。まだOMGへの提案は行っていませんが、今後、OMG仕様として検討されていく可能性があります。

ロボット開発は標準から普及へ

 ここまで、ロボット開発のための標準、オープンプラットホームと、ロボットサービスのための標準について述べてきました。これら以外にも、OMGには、RLS(Robotics Localization Service:ロボットの位置決めに関する標準。これから仕様公開予定)があります。

 ほかにも、主に産業用ロボットのラインにおいて、さまざまな機器の取り込みを容易にするために作られたORiN(Open Robot/Resource interface for the Network)があります。ORiNは、OMGでなく、ISOでの標準を目指しています。

 これらの標準が出てくると、今後ロボットビジネスが急速に普及する予感がします。しかし、標準だけでは普及はしません。標準は普及の土台にはなりますが、普及を確約するものではありません。なぜなら、多くの人がメリットを受け、ビジネスとして成り立ちうる、ということが見えないと誰も乗って来ないからです。たとえRTCが素晴らしい理想の下で標準化され、OMGのお墨付きをもらったとしても、誰かがビジネスを信じてRTCを作らなければ、普及しないわけです。

 国家戦略は着々と進み、状況を後押ししています。あとは企業側が乗るか乗らないかです。100年に一度の大不況の中、新しい投資には勇気が要ると思いますが、近い将来有望になる技術であれば、乗らない手はありません。

 私は、RTCとRTミドルウエアの思想にほれ込んでいます。必ずや、これがロボットビジネスのブレークスルーを生むものと信じています。そして、ブレークスルーをけん引するのがソフトウエアエンジニアである、と考えています。それは、とりもなおさず、RTCとRTミドルウエアがソフトウエアの技術であるからです。

 次回は、RTCとRTミドルウエアを試していただきましょう。そして、ソフトウエアエンジニアの視点でこの技術を見ていただき、皆さんの目で可能性をご判断いただくことにしましょう。

【参考文献】

長瀬雅之『はじめてのコンポーネント指向ロボットアプリケーション開発 RTミドルウエア超入門』毎日コミュニケーションズ(発行年:2008年)

「経済産業省 技術戦略マップ2009 システム・新製造 ロボット分野」http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/kenkyu_kaihatu/str2009/3_1.pdf(アクセス:2009/06)

RSi - Robot Services initiative -(http://robotservices.org/)(アクセス:2009/06)

ORiN協議会(http://www.orin.jp/)(アクセス:2009/06)

株式会社セック
1985年株式会社セック入社。入社以来、ネットワーク関連、宇宙関連システムを多く手がける。特に、人工衛星搭載ソフトウエアの開発に永く従事。2002年から、ロボットシステムでのビジネス立ち上げのために活動。特にRTミドルウエアを中心とした標準化活動から、ITとRTの接点を探っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ロボットソフトウエアと標準化 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。