PR

pgpool-IIのインストール方法

2008年7月3日(木)
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部

pgpoolAdminをインストールするには

 pgpoolAdminはpgpoolの管理をするためのツールで、Webブラウザ上からpgpoolの状態監視や起動・停止、pgpool.confの設定を行うことができます。

 pgpoolAdminを実行するには、ApacheとPHP 4.4.2以上が必要です。また、PHPのmbstringモジュール、pgsqlモジュールが有効になっている必要があります。

pgpoolAdminのインストール手順

 ここから、pgpoolAdminのインストール手順を具体的に説明していきます。

1. pgpoolAdminをダウンロードします。

 pgfoundryのダウンロードページ(http://pgfoundry.org/frs/?group_id=1000055)より、pgpoolAdmin-2.1-beta1.tar.gzをダウンロードし、apacheのDocumentRootに展開します。また、展開先のディレクトリ名をpgpoolAdminにリネームしておきます(図3のリスト3)。

2. パーミッションを設定します。

 テンプレートディレクトリと管理ツール設定ファイルのアクセス権限を設定します(図3のリスト4)。さらにpgpoool-IIの設定ファイルに対して、apacheからのアクセス権限を設定します(図3のリスト5)。

3. Webブラウザからインストールの実行

 「インストールしたサーバ/pgpoolAdmin/install/index.php」にWebブラウザからアクセスします。正常であれば、表示言語の選択画面が表示されるので、日本語を選択して「次へ」ボタンを押します。

 以降、「ディレクトリ確認」「管理ツールパラメータ確認」と続くので「次へ」ボタンを押します。もし設定に問題があればその部分にエラーが表示されるので、パーミッションの設定やPHPの設定などを見直した後、「チェック」ボタンを押してください。

 すべての確認を終えると「おめでとうございます。インストールは終了しました。」と表示されます。トップ画面へ移動し、pcp.confに設定したログイン名とパスワードでログインしてみましょう。ステータス画面が表示されます。

以上でpgool-IIとpgpoolAdminのインストールは完了しました。次回は、pgpool-IIのコネクションプーリングの設定方法について解説します。

著者
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部
SRA OSS, Inc. 日本支社マーケティング部では、PostgreSQL/PowerGresのサポート、コンサルティング、販売を中心にビジネス展開しています。pgpoolのサポートやpgpoolを使った大規模システムのコンサルティングの実績もあります。http://www.sraoss.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています