PR

目標を立てて成長ある1年にしよう!

2008年12月26日(金)
栗栖 義臣

2009年こそ目標を達成する!

 もうすぐ2009年がやってきます。新年を迎えるにあたって、何か目標を立てようと思っている方も多いのではないでしょうか。

 「目標」と一言で言っても、「たばこを止める」「英語で会話できるようになる」といった個人的な目標から、「売り上げXXX万円を達成する」といった業績目標のようなものまでさまざまです。

 年始や期初に、「心機一転がんばるぞ!」と立てた目標をいつの間にか忘れてしまい、結局達成できなかったという経験は誰にでもあることでしょう。筆者自身もこれまでにそういった経験を何度もしてきました。そういった経験の中で得てきた、こういう風にしたら目標を達成できた、達成しやすかったという「目標達成のコツやノウハウ」をいくつか紹介したいと思います。

適切な目標を設定しよう

 目標にも、達成しやすい目標と達成しにくい目標があります。ざっくりとした「禁煙する」という目標よりも、「健康のために1年間たばこを吸わない」という具体的な目標の方が、達成するイメージがわきやすいのではないでしょうか?

 漠然とした目標しか立てることができないという方は、いわゆる「5W2H」の「WHY」と「HOW」を意識して目標を立ててみましょう。

 例えば、先ほどの「禁煙」を例に挙げてみると、図1-1のように考えることができます。ただ目標を立てるだけではなく、「なぜこの目標を立てるのか」「どうやって目標を達成するのか」という、WHYとHOWの項目がとても重要であることに気づきます(図1-2)。そもそも立てた目標は何のためなのか、そしてそれを実現するためには具体的に何をすれば良いのか、この2つがイメージできていないと、目標が達成できないことは言うまでもないでしょう。

 また、目標は達成すると、その達成感が次の目標達成への原動力となります。達成できたかどうかが数年経過しないと分からないような目標(例えば、3年後に弁護士試験に合格するなど)の場合は、その目標に到達するまでに達成すべきことを、直近の目標にしてみましょう。

 先ほどの試験の例で考えると、「半年後の模擬試験で○○点以上を取る」「1年後の模擬試験で○○点以上を取る」という目標です。これらの目標を1つずつクリアすることで、最終的な目標達成への自信へとつながります。

 もちろん「毎日ジョギングする」といった、最終的なゴールのない目標もあります。こういう場合は「1週間毎日ジョギングする」という目標を設定して、達成したら「2週間」「1ヶ月」「半年」と、継続する期間を長くしていきましょう。

 この場合、大切なのはそれぞれの設定した目標を達成したときに、ちゃんと「達成した」と認識することです。「自分は『1週間ジョギングする』という目標を立てて、それを達成した」と一度自分の気持ちに区切りをつけてみましょう。決めたことを守るというのは、なかなか難しいことです。「短い期間とはいえ、自分はそれを成し遂げることができた。じゃあ次はもう少し期間を長くしても達成できるだろう」と、自分の中でストーリーを作ってモチベーションを維持していくことが重要です。

 さて、目標を立てるコツが分かったら、次はいよいよ達成するためのコツです。

株式会社はてな
大手SIerを退職後、エンジニアリングディレクターとして2008年に株式会社はてなに入社。Mash up Award 2ndで「サグール賞」「きざし賞」「特別賞」、iGoogleガジェットコンテストで「特別賞」を受賞。http://d.hatena.ne.jp/chris4403/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています