TOPサーバ構築・運用> ドメインU×2個におけるネットワークの性能を見る




Xenパフォーマンステスト
Xenのパフォーマンステスト 〜どこまで性能がでるの?

第4回:Xen上のVMにおけるネットワーク性能

著者:宮本 久仁男   2006/12/21
前のページ  1  2  3  4
ドメインU×2個におけるネットワークの性能を見る

   実施方法はドメインUとドメイン0が1つずつの場合と同じです。結果は次のようになりましたが、厳密にデータ転送の開始が同時となっていないため、測定開始と測定終了の結果がそろっていません。このデータは、testdata/data2〜testdata/data7の値を見るのが正しいです。その部分を読むと、ほぼ均等に性能が分割されていることがわかります。
1つめのドメインU
testdata/data1:19:01:01 (9.62 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data2:19:01:03 (5.58 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data3:19:01:04 (5.79 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data4:19:01:06 (5.29 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data5:19:01:08 (5.67 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data6:19:01:10 (5.62 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data7:19:01:12 (5.42 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data8:19:01:14 (5.79 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]

2つめのドメインU
testdata/data1:19:01:02 (5.84 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data2:19:01:04 (5.52 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data3:19:01:06 (5.15 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data4:19:01:08 (5.69 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data5:19:01:10 (5.68 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data6:19:01:12 (5.53 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data7:19:01:13 (5.56 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data8:19:01:14 (10.07 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]


ドメイン0と2つのドメインUにおけるネットワークの性能を見る

   今度はドメイン0と2つのドメインUを同時に動かしてみます。おおよそ以下のような傾向が見られます。

  • ドメイン0の性能は、ドメインUの性能によらず50%以上の性能がでる
  • ドメインUは、残った性能を均等に分け合う

表2:ドメイン0と2つのドメインUにおけるネットワークの性能

   以下にそのデータを示します。

ドメイン0
wakatono@kid:~$ grep saved testdata⁄*
testdata/data1:19:06:02 (6.55 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data2:19:06:03 (5.59 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data3:19:06:05 (5.77 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data4:19:06:07 (6.14 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data5:19:06:09 (5.10 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data6:19:06:10 (5.91 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data7:19:06:12 (6.02 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data8:19:06:14 (5.81 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]

1つめのドメインU
testdata/data1:19:06:02 (4.08 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data2:19:06:06 (2.74 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data3:19:06:10 (2.67 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data4:19:06:14 (2.61 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data5:19:06:16 (4.51 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data6:19:06:18 (5.61 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data7:19:06:19 (5.37 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data8:19:06:21 (5.68 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]

2つめのドメインU
testdata/data1:19:06:05 (2.23 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data2:19:06:08 (2.90 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data3:19:06:12 (2.86 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data4:19:06:15 (3.35 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data5:19:06:16 (5.84 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data6:19:06:18 (5.78 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data7:19:06:20 (5.24 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]
testdata/data8:19:06:22 (7.07 MB/s) - `/dev/null' saved [10485760/10485760]


まとめ

   単体ではドメイン0よりもドメインUの方が(わずかではありますが)高い性能を示す一方、同時実行時にはドメインUの優先度が低いため、ドメインUの方が性能を抑えられてしまうような感じになります。

   ドメイン0は管理時にのみログイン・実際の利用を行い、それ以外では多用すべきではないという結論を別の回に行いましたが、ネットワーク性能の観点からも、ドメイン0を多用すべきではない、ということになります。

   また、ドメインUは(各種)機能をホストするサーバに用いるほうが、緊急時の仮想マシンリブートや管理の面からもよさそうです。

前のページ  1  2  3  4


宮本 久仁男
著者プロフィール
宮本 久仁男
某大手SIerに勤務。OSおよびミドルウェア、アプリケーション開発、インターネットサーバの運用管理、社内技術支援などを経て、現在は動向調査業務に従事する。業務の傍ら、大学にも所属(博士後期課程)し、研究生活を送る。あらゆる分野に興味を持ち、それらについて自学自習で学びつつ、成果をコミュニティにフィードバックしたり、研究/検証テーマを模索したりという日々。Microsoft MVP (Windows - Security)というアワードも受賞しているものの、どこにでもいそうなエンジニア風。


INDEX
第4回:Xen上のVMにおけるネットワーク性能
  VirtualMachineからのネットワークの性能
  ドメイン0におけるネットワークの性能を見る
  ドメイン0とドメインUを同時に走行させた際の性能を見る
ドメインU×2個におけるネットワークの性能を見る