TOP比較データ> PHP4の特徴





徹底比較!! PHP & Java

第1回:企業システムにおいて伸び悩むPHP4

著者:ワイズノット  土橋 芳孝   2004/11/16
前のページ  1  2  3
Javaの特徴

  現在のWebアプリケーション開発はJava全盛期であり、その勢いは止まるところを知りません。特にJ2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)という企業の業務システム向けに整理統合された仕様と、その仕様に基づいて実装された機能群の存在は、Javaを一気にWebアプリケーション開発言語の本命という地位に押し上げました。

  このJ2EEを利用したWebアプリケーションが動作する仕組みは、下記のとおりとなります。
  1. WebブラウザーによってJSPファイルが呼び出されると、JSPファイルはServlet/JSPコンテナへ読み込まれ、Servletのソースコードへと自動的に変換される。ファイルに対する呼び出しが2回目以降の場合、2で既にコンパイル済みのクラスファイルを再度実行する。ただし、JSPファイルが変更されている場合は、もう一度JSPファイルをServletのソースコードへと自動変換する

  2. Servletのソースコードは、自動的にコンパイルされてServletのクラスファイルが生成される。このクラスファイルは、元となっているJSPファイルが変更されるまでキャッシュされる

  3. Servletのクラスファイルは処理を実施し、Webサーバーへレスポンスを返す

  4. Webサーバーは、Webブラウザーへレスポンスを返す


  このJ2EEをはじめ、Javaの仕様は
JCP(Java Community Process)と呼ばれるオープンなプロセスに基づいて決定されています。このプロセスには、Javaを提唱したSun Microsystems社だけでなく、多くの企業や個人が参加しており、Javaの仕様は厳密に管理されています。 以上のような、民主的かつ厳密な仕様の管理が、今日のJava全盛時代を迎えるにあたって重要な要素であったことは言うまでもありませんが、その他にもJavaには下記のような特徴があります。
開発環境を無料で入手できる

  Javaも下記より開発環境を無料でダウンロードできます

http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/download.html

オンラインドキュメントが充実している

  Javaにも下記に充実したオンラインドキュメントがあります。

http://sdc.sun.co.jp/java/index.html

プラットフォームを選ばない

  Javaで書かれたプログラムは、JVM(Java Virtual Machine)という実行環境で動作します。このJVMを搭載したプラットフォーム上であれば、特定のマシンやOSに依存することなく、同じJavaプログラムを動かすことができます。したがって、プログラマーはプラットフォームを意識することなく、汎用的なプログラムを書くことができます。

機能拡張や再利用がしやすいシステムを構築できる

  Javaはオブジェクト指向言語であるため、拡張性や再利用性の高い、つまり寿命の長いシステムを構築することができます。また、JavaにはJakartaプロジェクトをはじめとした有用なフレームワークやライブラリが多数揃っています。

  これらの優れた特徴が、今日の熱狂的なJavaブームを巻き起こし、企業システムを中心とした様々なWebアプリケーションで活発に利用される原動力になっていることは間違いありません。

  ここまでPHP4とJavaの特徴について触れてきました。第2回では、PHP4とJavaのパフォーマンス比較を行っていき、それぞれの言語の適用分野を検証していきます。

前のページ  1  2  3



著者プロフィール
株式会社ワイズノット  土橋 芳孝
以前はJavaを利用したWebアプリケーション開発とオブジェクト指向設計を得意としていたが、ワイズノットに入社以来、PHPの魅力にとりつかれる。現在はワイズノットのプロジェクトマネージャーとして、PHPをはじめとしたオープンソースの普及に力を注いでいる。


INDEX
第1回:企業システムにおいて伸び悩むPHP4
  PHPの歴史
  PHP4の特徴
Javaの特徴