TOP設計・移行・活用> Domain-U用ルートパーティションのアンマウント




Xenによるサーバ仮想化
オープンソースXenによるサーバ仮想化

第4回:ゲストOSの構築方法
著者:平 初   2006/2/2
前のページ  1  2  3   4  次のページ
Domain-U用ルートパーティションのアンマウント

   パッケージの導入、事前設定が完了しましたのでディスクイメージをアンマウントします(コマンド12参照)。
コマンド12:Domain-U用ルートパーティションのアンマウント
# umount /mnt/fc4-guest/proc
# umount /mnt/fc4-guest


Domain-U用Domain記述ファイルの作成

   Domain-Uを起動するためのDomain定義ファイル「fc4-guest.conf」を作成します(ファイル1参照)。今回、Domain-Uへ割当てるメモリは64MB、仮想NICの枚数は1枚としました。

ファイル1:Domain-U用Domain記述ファイル「/opt/xen/fc4-guest/fc4-guest.conf」
kernel = "/boot/vmlinuz-2.6.12.6-xen3_7.1_fc4"
memory = 64
name = "fc4-guest"
nics = 1
disk = ['file:/opt/xen/fc4-guest/sda1.img,sda1,w', 'file:/opt/xen/fc4-guest/sda2.img,sda2,w']
root = "/dev/sda1 rw"


Domain-Uの起動

   ここまででDomain-Uを起動する準備が整いました。それではDomain-Uを起動してみましょう。

   Domain-Uを起動するにはxmcreateコマンドを使います(コマンド13参照)。最初は不要なサービスも立ち上がるので少々時間がかかります。

   なお、うまく起動しない場合はエラーメッセージを確認しましょう。Domain記述ファイルのミスが原因の場合が多いと思います。コマンドオプションとして、「-c」をつけるとDomain-Uのコンソール画面がでます。またDomain-Uのコンソールから抜ける時はCtrl + ]を押します。

コマンド13:Domain-Uの起動
# xm create -c fc4-guest.conf
Using config file "fc4-guest.conf".
Started domain fc4-guest
Linux version 2.6.12.6-xen3_7.1_fc4 (rread@shandlx) (gcc version 4.0.1 20050727 (Red Hat 4.0.1-5)) #1 SMP Tue Dec 13 16:33:43 PST 2005
BIOS-provided physical RAM map:
Xen: 0000000000000000 - 0000000004000000 (usable)

(途中省略、全文は下記のダウンロードファイルxen_create_domU.zip参照)

Starting atd: [ OK ]
Starting system message bus: [ OK ]
Starting HAL daemon: [ OK ]
Fedora Core release 4 (Stentz)
Kernel 2.6.12.6-xen3_7.1_fc4 on an i686
localhost login:

Text  xen_create_domU.zip  (ZIPファイル/2.90KB)


Domain-U環境へのログイン

   Domain-Uがうまく起動しましたら、実際にログインしてみましょう(コマンド14参照)。rootユーザのパスワードは「Domain-U環境のrootユーザのパスワード設定」の項で設定したものを入力します。

コマンド14:Domain-U環境へのログイン
Fedora Core release 4 (Stentz)
Kernel 2.6.12.6-xen3_7.1_fc4 on an i686

localhost login: root
Password:
Last login: Sat Dec 24 12:01:34 on tty1
[fc4-guest]#


Domain-U環境の不要なサービスを無効化

   Domain-U環境へログインできましたら、不要なサービスを自動起動しないようにします。サービスの無効化はchkconfigコマンドを使います。

コマンド15:Domain-U環境の不要なサービスを無効化
[fc4-guest]# chkconfig apmd off
[fc4-guest]# chkconfig auditd off
[fc4-guest]# chkconfig bluetooth off
[fc4-guest]# chkconfig cpuspeed off
[fc4-guest]# chkconfig cups off
[fc4-guest]# chkconfig gpm off
[fc4-guest]# chkconfig isdn off
[fc4-guest]# chkconfig kudzu off
[fc4-guest]# chkconfig mdmonitor off
[fc4-guest]# chkconfig pcmcia off

前のページ  1  2  3   4  次のページ


平 初(TAIRA Hajime)
著者プロフィール
平 初(TAIRA Hajime)
仕事では、Linuxを中心としたシステムのコーディネーション、技術サポート、仮想マシンソフトウェアのデモンストレーションなどを行っている。オープンソースの活動としては、Open Source Conference、Fedora JPの勉強会などで講師、またLinux関連書籍の執筆活動を行っている。最近は、サーバ向け仮想マシンソフトウェアXenの勉強会を積極的に行っている。


INDEX
第4回:ゲストOSの構築方法
  Xenのインストール(Domain-U編)
  Domain-U用/devの作成
Domain-U用ルートパーティションのアンマウント
  Domain-U環境のネットワーク設定