PR

AI活用により自動化されたデータセンターの未来、ほか

主催者: 
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日時: 
2018年10月2日(火) 15:30
会場(場所): 
東京コンファレンスセンター・品川

東京都港区港南1-9-36 アレア品川 5F

◆10/2(火)HPE ストレージフォーラム 2018 開催
10/2(火)に、HPE ストレージフォーラム 2018が開催されます。
マジセミではこのイベントに20名をご招待します。

◆AI活用により自動化されたデータセンターの未来

見どころは、HPE本社 ストレージ製品ヴァイスプレジデントによる「AI活用により自動化されたデータセンターの未来」です。
HPEストレージの開発では、AI、IoT、ビッグデータという最近のバズワードとも取れる最新テクノロジーを、すでに約10年活用しているとのこと。
最新技術の応用としても参考になるかもしれません。

以下、イベントのご案内です。

◆デジタルトランスフォーメーション(DX)時代を勝ち抜くAI ストレージ戦略

デジタルデータの生成が爆発的に急増している中で、ワールドワイドのデータ生成量は予測をはるかに超え2025年には163ZBになるという予測も出ています。
その内容は自動運転や健康情報モニタリング、スマートグリッド、スマートメータ、HEMSなど、新規分野のデータが増えるペースが速く、またストレージの世界でも「オールフラッシュストレージ」「ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)」「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」など、多様な選択肢が登場し、またその選択基準も「信頼性」「パフォーマンス」など様々で、それに呼応するように新たな技術「HVMe」「SCM」なども出てきています。
このように市場がにぎわっている中、HPEのストレージがどのように進化していくか、またどんな戦略を取っていくかを、HPE本社 ストレージ製品ヴァイスプレジデントよりご紹介します。
また、HPEストレージをご利用のユーザー様より、ストレージ導入プロジェクトに至った経緯や導入後の効果について、「ここでしか聞けない話」をご講演いただきます。

◆このイベントで得られること
・ここでしか聞けないユーザー様講演、次世代IT基盤の変革事例
・IoT、AI、AR/VR、ディープラーニングなどのトレンド活用事例
・CTO、エバンジェリストからの最新ITテクノロジー動向
・オールフラッシュ、ハイパーコンバージドなどの最新ソリューション実機展示

◆プログラム
15:30 - 15:35 ご挨拶
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT製品統括本部 統括本部長
本田 昌和

15:35 - 16:10 自律型データセンター ~AI活用により自動化されたデータセンターの未来~(同時通訳)
Ivan Iannaccone
3PAR Vice President & General Manager
Hewlett Packard Enterprise

16:10 - 16:30 アナリティクスとAIを加速 ~ エッジからクラウドまで
インテル株式会社
インダストリー事業本部 シニア・データセンター・アーキテクト
郡司 茂樹 様

16:30 - 17:00 NTTぷららプライベートクラウド基盤更改におけるストレージ選定ポイント
株式会社NTTぷらら
ネットワーク管理部 マネージャ
大橋 峰延 様

17:00 - 17:20 休憩 - 製品展示 -

17:20 - 17:50 ユーザー様事例セッション(Nimble)

17:50 - 18:20 データの価値がお金よりも高い時代に! デジタルトランスフォーメーション時代に求められるストレージとは?  
日本ヒューレット・パッカード株式会社
データプラットフォーム統括本部 技術本部 本部長
川端 真

18:30 - 懇親会 展示

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています