PR

SQLを記述しない「Torque」

2006年8月9日(水)
山之内 弘行

Eclipseプロジェクトの作成


   今回もEclipse上でサンプルプログラムを作成していきますので、EclipseでJavaプロジェクトを作成してください。ここでは「torque-Generator」と「torque-Runtime」という2つのプロジェクトを作成します。

   この2つのプロジェクトを作成したらJDBCドライバをlibフォルダにコピーして、クラスパスを通してください。なお、プロジェクトの対象となるフォルダはダウンロードして展開したものを使用します。


テーブルの初期値の準備


   Torqueを利用したサンプルの作成あたって、テーブルは「第2回:SQLを直接記述できるiBATIS(前編)」にて作成したShainテーブルとBushoテーブルを使用し、初期データについては新しいデータを使用します。使用するデータは以下のとおりです。

Shainテーブル、Bushoテーブル初期データ用SQL文
// SHAINテーブル初期レコード
insert into SHAIN values(333, 'Torque', 3);

// BUSHOテーブル初期レコード
insert into BUSHO values(3, '管理部', 3456);


Generatorによるファイルの生成


   GeneratorはTorqueの開発環境にあたり、Generatorを使用してソース・ファイルやSQLファイルを生成します。


Generator用設定ファイルの修正


   Generatorには、SQLファイルやデータベースにアクセスするJavaクラスを自動生成する機能が備わっており、Generatorの設定ファイルには生成の際に使われる情報などを記述します。

   今回はすでに用意されているものを使いますので、自分の環境にあわせて修正してください。なお、主に修正対象となるプロパティは以下のとおりです。

Generator用設定ファイル(build.properties)の主要プロパティ
# プロジェクト名(データベース名)
torque.project = postgres
# DBMSの種類
torque.database = postgresql
# 生成するJavaプログラムのパッケージ名
torque.targetPackage = torque
# JDBC関連の設定(URL, ユーザ名, パスワードなど)
torque.database.createUrl = jdbc:postgresql://localhost:5432/postgresql
torque.database.buildUrl = jdbc:postgresql://localhost:5432/postgres
torque.database.url = jdbc:postgresql://localhost:5432/postgres
torque.database.driver = org.postgresql.Driver
torque.database.user = postgres
torque.database.password = password
torque.database.host = 127.0.0.1
torque.database.schema = public

   各プロパティの説明は以下のとおりです。

役割 プロパティ名 説明
プロジェクトの設定 torque.project プロジェクト名称(データベース名)を設定する
DBMSの設定 torque.database 対象のDBMSの種類を設定する
パッケージの設定 torque.targetPackage OM/Peerクラスのパッケージ名
データベースの設定 torque.database.createUrl データベース作成時のJDBCの接続先URLを設定する
torque.database.buildUrl テーブル作成時のJDBCの接続先URLを設定する
torque.database.url JDBCの接続先URLを設定する
torque.database.driver JDBCドライバクラス名を設定する
torque.database.user データベースアクセスユーザ名を設定する
torque.database.password データベースアクセスパスワードを設定する
torque.database.host データベースのホスト名を設定する
torque.database.schema スキーマを設定する。JDBCタスクで使用

表1:Torque Generator用設定ファイルのプロパティ


TorqueのAntタスク


   Torqueではファイルを自動生成するためにAntを使用します。TorqueのAntタスクは以下のようになります。

タスク名 内容
main sql + omタスクの実行
sql スキーマ定義ファイルから実行するSQL文を生成
om スキーマ定義ファイルからJavaソースファイルを生成
create-db データベースを生成
insert-sql スキーマ定義ファイルで定義したテーブルを作成
jdbc データベースからスキーマ定義ファイルを生成
id-table-init-sql Idテーブルを初期化するSQL文を生成

表2:Antタスク一覧

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています