PR

SQLを記述しない「Torque」

2006年8月9日(水)
山之内 弘行

Torque実行環境用プロパティファイルの修正


   Torque.propertiesはTorque実行環境用のプロパティファイルで、主にJDBC関連の設定を行います。Torque.propertiesはダウンロードしてきたファイルに用意されているので、今回は、その一部を自分の環境用に修正して使用します。
Torque実行環境用プロパティファイル(Torque.properties)の修正箇所抜粋
# build.propertiesのプロジェクト名に合わせる
torque.database.default=postgres
# RDBMSの種類
torque.database.postgres.adapter=postgresql
# JDBC関連の設定(ドライバ、URL、ユーザ名、パスワード)
torque.dsfactory.postgres.connection.driver = org.postgresql.Driver
torque.dsfactory.postgres.connection.url = jdbc:postgresql://localhost:5432/postgres
torque.dsfactory.postgres.connection.user = postgres
torque.dsfactory.postgres.connection.password = password

   torque.database.defaultには、修正したGenerator用設定ファイル(build.properties)のtorque projectと同様の内容を記述します。torque.database.default以下のtorque.database.、torque.dsfactory.プロジェクト名プロジェクト名の部分には、torque.database.defaultで設定したプロジェクト名を記述します。

   各プロパティの説明は以下のとおりです。

役割 プロパティ名 説明
データベースの設定 torque.database.default プロジェクト名(データベース名)を設定する
RDBMSの設定 torque.database.プロジェクト名.
adapter
対象のRDBMSの種類を設定する
JDBC関連の設定 torque.dsfactory.プロジェクト名.
connection.driver
DB接続時に使用するJDBCドライバを設定する
torque.dsfactory.プロジェクト名.
connection.url
DBアクセス時に使用するURLを設定する
torque.dsfactory.プロジェクト名.
connection.user
データベースにアクセスするユーザ名を設定する
torque.dsfactory.プロジェクト名.
Connection.password
データベースアクセス時のパスワードを設定する

表4:Torque実行環境用プロパティファイルの各プロパティの説明


テスト用実行クラスの作成


   最後に、テスト用実行クラスを作成します。作成したプログラムは以下に示します。

テスト用実行クラス(TorqueExecutor.java)一部抜粋
テスト用実行クラス(TorqueExecutor.java)一部抜粋
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   Torqueを利用してデータベースにアクセスする場合、基本的にCriteriaクラスを使用します。Criteriaクラスに様々な条件を設定し、Torqueに用意されている各メソッドにCriteriaを渡すと、Torqueが自動的にSQL文を組み立ててくれるためSQL文を書くことなく様々な処理(検索/更新/挿入/削除)を実行できます。

   また、TorqueのDTOにあたるOMクラスにはsave()メソッドが用意されており、このメソッドを使用することで更新、挿入処理を簡単に行うことができます。更新か挿入かの判断はsave()メソッドが自動的に判断してくれます。


テスト用プログラムの実行


   テスト用プログラムを実行します。実行結果は以下のとおりです。

実行結果
-----検索(JOIN)結果-----
社員ID = 333
社員名 = Torque
部署名 = 管理部


-----挿入結果-----
部署ID = 3
部署名 = 管理部
内線番号 = 3456
部署ID = 4
部署名 = 営業部(Torque)
内線番号 = 9876


-----更新結果-----
部署ID = 3
部署名 = 管理部
内線番号 = 3456
部署ID = 4
部署名 = 営業部(Torque)
内線番号 = 6789


-----削除結果-----
部署ID = 3
部署名 = 管理部
内線番号 = 3456


まとめ


   今回はTorqueについて見てきました。TorqueではSQL文を書かずにデータベースにアクセスすることができます。この点が「iBATIS」と決定的に異なる点です。SQL文を書かないためデータベースの方言の違いも意識する必要はありません。また、joinのためのメソッドも用意されているため「iBATIS」では強く意識しなければならなかった関連についても、さほど意識する必要がありません。

   しかし、SQL文を記述できない(実際には記述可能だが、SQLを多用するとToqueを使う意味が薄れてしまう)ため、データの検索や更新時のパフォーマンスチューニングなどの柔軟な対応はできません。

   Torqueは、データ構造がシンプルでパフォーマンスチューニングなどの必要性がないシステムでは有効なフレームワークであるといえるのではないでしょうか。

   次回は、「Hibernate」について見ていきたいと思います。

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています