PR

多機能なHibernate(後編)

2006年8月28日(月)
山之内 弘行

実行結果


   それでは、実際に実行してみましょう。実行結果は以下のようになります。
実行結果
-----検索結果(HQL)-----
社員ID = 555
社員名 = Hibernate
部署名 = 経理部


-----検索結果(Criteria)-----
社員ID = 555
社員名 = Hibernate
部署名 = 経理部


-----挿入結果-----
部署ID = 5
部署名 = 経理部
内線番号 = 1278
部署ID = 6
部署名 = 商品部
内線番号 = 7777


-----更新結果-----
部署ID = 5
部署名 = 経理部
内線番号 = 1278
部署ID = 6
部署名 = 商品部
内線番号 = 8888


-----削除結果-----
部署ID = 5
部署名 = 経理部
内線番号 = 1278


まとめ


   今回は、Hibernateについて見てきました。HibernateではHQLやCriteriaといった機能を使用することで、検索処理が簡単に行えます。なお、SQL文を直接記述することも可能です。

   また、Sessionにオブジェクトをキャッシュさせると、オブジェクトの変更をHibernateが自動的に検出してくれてデータベースに反映してくれるので更新処理も非常に楽です。しかし、オブジェクトの状態については注意が必要です。

   Hibernateでは、マッピングファイルに設定することで関連データを自動的に取得できるためコーディングは非常に楽になります。ただし、多機能が故に設定が複雑で習得にも時間がかかってしまいます。Hibernateを熟知している担当者が居ない場合には、iBATISやTorqueと比べて初期コストは多くかかってしまうでしょう。

   次回は、まとめとして今まで紹介してきた3つのO/Rマッピングツールの総論とEJB 3.0について触れてみたいと思います。

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています