PR

サーバOS利用実態が暴く企業体質

2006年7月5日(水)
伊嶋 謙二

はじめに

第4回目の今回は中堅・中小企業のサーバOSの利用実態をみていこう。サーバOSについては、Windowsの優勢が長年続いている。近頃、マスコミなどでよく話題にあがるLinuxについては、あまり導入されていないのが実態である。従って今回は経年推移のグラフを用いて、Windows系OSの 動向を中心にみていこう。

調査プロフィール

本調査は、ノーク・リサーチ所有の企業データベースから抽出した全国の年商5億円以上500億円未満でIAサーバを導入した民間企業約4,000社 を対象に、2006年1月から3月までの期間で郵送アンケートおよびWebアンケートを実施し、その結果有効票931件を回収した。

中堅・中小企業ではWindowsが圧倒的なシェアを維持

図1は中堅・中小企業がメインで使用しているサーバOSの種類について、2000年から2006年にわたる7年間の推移を示したグラフである。

サーバOSの7年間の推移
図1:サーバOSの7年間の推移
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

順に見ていくと、2006年の調査結果で「Windows2000」が39.2%、次いで「Windows2003」が25.9%、そして「WindowsNT」が18.8%と続く。2005年に25.5%だった「WindowsNT」は18.8%となり、それにともなって「Windows2003」が25.9%と2005年の14.6%に比べ大きく割合を高めている。

これは2004年12月をもってマイクロソフトのサポートが終了した「WindowsNT」が「Windows2003」へとリプレースされているといえよう。しかし「WindowsNT」は依然として2割近いシェアを持っており、この理由については後ほど詳しく解説する。

過去7年間の推移で見てみると、「WindowsNT」の圧倒的なシェアが2003年まで続くが、2004年から2005年にかけて「Windows2000」が取って代わる形で普及している。「Windows2003」は登場以来急速にシェアを伸ばし、2006年には「WindowsNT」を凌いでいる。これは世代交代のあらわれといえよう。

  • 1
有限会社ノーク・リサーチ

1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどを プラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関す るリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設 立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。
ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています