PR

Spket IDEでコーディングしてみる

2007年9月10日(月)
独古 みのり

簡単なアプリケーション作成

   ではさっそく、簡単なアプリケーションを作ってみましょう。

プロジェクトの作成

   Spket IDEで「File → New → Project」を選択します。表示されたウィンドウで「General → Project」を選択して「Next」ボタンをクリックします。次に表示されたウィンドウでプロジェクト名とワークスペースの設定を行います。



新規プロジェクトの作成
図2:新規プロジェクトの作成
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   今回はプロジェクト名を「Sample」とします。ワークスペースはデフォルトではSpket IDE起動時に指定したワークスペースが設定されています。デフォルトで他のディレクトリを選択した場合は「Use default location」のチェックボックスのチェックを外してLocationに下記のコマンドを入力します。



<OpenLaszloインストールディレクトリ>/Server/lps-3.4.0/Sample

   次にFinishボタンをクリックすると、プロジェクトが作成されてSpket IDEの左上のProject ExplorerにSampleという名前のフォルダが表示されます。

   Sampleというフォルダを右クリックして、表示されたメニューから「Properties」を選択します。その中から「Resource」を選 んで、真ん中あたりにある「Text file encoding」の項目から「Other」を選択します。そして文字コードを「UTF-8」にしてOKボタンをクリックしてください。

   これでOpenLaszloのアプリケーションで日本語表示をすることが可能になります。

ファイルの作成

   ファイルを作成するには「File → New → File」を選択します。するとウィンドウが表示されるので、下にある「File name」の欄に「view.lzx」と入力して「Finish」ボタンをクリックします。



ファイルを作成
図3:ファイルを作成
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   すると、ファイルが作成されて自動的にエディタが開きます。Spket IDEは拡張子のlzxを認識して、OpenLaszlo開発に必要なものをSpket IDE上に表示してくれます。

コーディング

   まずはOpenLaszloの基本コーディングをしましょう。ルートタグは「canvas」です。view.lzxに以下のようにコーディングします。










   上記内容は、テンプレートを使用して記述することも可能です。

   View.lzxの中にカーソルを置いて「Ctrl+Space」をすると、記述可能な候補が表示されます。候補の下にあるcanvas(タグではないもの)を選ぶと、自動的にXML宣言とcanvasタグが記述されます。

   テンプレートの編集・追加は「Window → Preferences」で開いた設定画面から「Spket → Editors → XML Editor → LZX Templates」で行うことが可能です。よく使うコードをテンプレートとして追加しておくと便利かもしれません。

   では中身を記述してみましょう。まずViewを使って単純な赤い四角形を表示するためのコーディングをします。



記述可能な属性値のリストが表示される
図4:記述可能な属性値のリストが表示される

   ここでは自分でviewタグをコーディングしてもかまいませんが、せっかくSpket IDEを使っているので、右側の「Snnipets → Components → view」をエディタ上にドラッグ&ドロップしてみましょう。

   なお、viewタグの属性値はカーソルをviewタグの中において「Ctrl+Space」を押すと記述可能な属性値のリストが出てくるので、そこから選ぶこともできます。









1999年から主にStrutsを用いたWebアプリケーション開発に従事。
現在は海外で自然に囲まれながら生活し、株式会社ネットエイトの在宅プログラマとして働いている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています