PR

半日で業務アプリケーションが開発できる!(前編)

2007年9月7日(金)
米澤 千賀子

開発ステップ2:データベース接続コンポーネントの設定

続いて、アプリケーションの作成に入りましょう。

アプリケーション作成では、まずデータベース接続関係のコンポーネントを配置して、プロパティを設定します。これらのコンポーネントは、データベースエクスプローラで行った定義を利用して、簡単なドラッグ&ドロップ操作で配置できます。



VCLフォームアプリケーションの作成

メニューから「ファイル → 新規作成 → VCLフォームアプリケーション - Delphi for Win32」を選びます(図7)。
 

VCLフォームアプリケーションの作成
図7:VCLフォームアプリケーションの作成
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

このVCLフォームアプリケーションというのが、Delphiのコンポーネントフレームワーク「VCL」を使ったGUIアプリケーションです。

 

UIデザイナを表示する

メニューを選択すると、Delphi 2007のUIデザイナ上に、空のフォームが表示されます(図8)。このフォームに、コンポーネントをドラッグ&ドロップして開発を進めます。
 

UIデザイナー
図8:UIデザイナー
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


コンポーネントを配置する

データベース接続用のコンポーネントを配置するために、データエクスプローラ上に展開されたIBLocal内のデーブルCUSTOMERをマウスを使ってドラックし、この空のフォーム上にドロップします(こちらのテーブルをマスターとします)。すると、フォーム上にあらかじめ設定が行われているIBLocal(TSQLConnectionコンポーネント)と、CUSTOMER(TSQLDataSet)の2つのコンポーネントがフォーム上に設定されます(図9)。
 

データベース接続用のコンポーネントの配置(CUSTOMER)
図9:データベース接続用のコンポーネントの配置(CUSTOMER)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


CUSTOMERテーブルを他のコンポーネントと関連付ける

次に、今設定されたCUSTOMERテーブルを他のコンポーネントと関連付けるために必要なDataSourceコンポーネントをフォーム上におきます。ツールパレット上のTDataSourceコンポーネントをマウスでダブルクリックすることで、フォーム上に配置されます。

Delphi 2007の画面の左下には、それぞれのコンポーネントの設定を行うためのオブジェクトインスペクタがあります。デザイナ上のDataSourceコンポーネントをマウスでクリックし、オブジェクトインスペクタ上に表示されたDataSourceコンポーネントのDataSetプロパティをCUSTOMERテーブルと関連付けます(図10)。
 

DataSourceの設定
図10:DataSourceの設定
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

CodeGear

セールスエンジニア
Delphi、InterBaseをはじめとするCodeGearの開発ツール製品を担当。エンタープライズ分野でのツール適用での技術バックアップを 行っているほか、製品のローカライズQAとしても活躍している。CodeGearのサポートナレッジベース日本語版 (http://support.codegar.com/jp )の作成を手がける。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています