PR

「OpenMandriva LX 3.0」リリース

2016年8月16日(火)

OpenMandrivaは8月13日(現地時間)、Mandrivaから派生したLinuxディストリビューション「OpenMandriva LX 3.0」をリリースした。

「OpenMandriva LX 3.0」は、2012年に開発が終了した「Mandriva Linux」の流れを汲むディストリビューション。「OpenMandriva LX 3.0」は、「OpenMandriva LX 2014.2」に続くリリースとなっている。バージョンナンバーの付け方が変更となり、年号が外されるようになった。カーネルは「Linux4.6.5」ベースのものと、ハイパフォーマンスなデスクトップ向けにカスタマイズされた「Linux 4.1.18 nrJQL」が利用できる。デスクトップ環境にはKDE Plasma 5.6.5、XFce 4.12が利用できるようになったほか、デフォルトのコンパイラがGCCからLLVM/clang 3.8に変更されるなど、複数の機能変更が施されている。

「OpenMandriva LX 3.0」はWebサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック