PR

I-O DATA、時限消去機能付きセキュリティUSBメモリーを発表

2016年8月28日(日)

I-O DATAは8月24日、時限消去機能付きセキュリティUSBメモリー「ED-HB16G-TE」および「EU3-ST-TEシリーズ」を発表した。

時限消去機能付きUSBメモリーは、データの保管時間・日数を指定することで、指定期間が経過すると自動的にデータ消去を行なうUSBメモリ。一時的なデータの受け渡しや、期限付きデータの配布用として利用できる。OSから見えない領域にデータを保存するため、添付の専用エクスプローラでのみデータ閲覧が可能となっている。PCへのデータ保存や印刷、データ編集が行なえないため、編集してはいけない重要なファイルのデータ受け渡しに適している。

「ED-HB16G-TE」はPro版の位置付けとなっており、受注生産のみ受け付けている。価格は45,700円。「EU3-ST/4G-TE(容量4GB)」は11,200円、「EU3-ST/8G-TE(容量8GB)は17,000円、「EU3-ST/16G-TE(容量16GB)」は22,700円(いずれも税別)となっている。出荷開始は9月上旬。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック