PR

NTTデータ先端技術、米Nuage NetworksのSDNソリューションを取り扱い開始

2016年10月30日(日)

NTTデータ先端技術株式会社は10月28日、NOKIAのベンチャー子会社であるNuage Networksのネットワーク仮想化(SDN)ソリューションの取り扱いを開始した。

Nuage NetworkのSDNソリューションは、従来のSDNソリューションと異なり、特定のベンダー製品に依存しない。このため、SDN導入に伴う既存のネットワークへの変更を最小限に抑えることができ、従来は別々に管理されてきたオフィス、データセンター、WAN、クラウドなどのネットワーク環境を一元管理できるという。

企業システムにとってサーバ仮想化技術は一般的なものとなっているが、従来の技術では特定のメーカーに依存した構成の製品が多いため、仮想化基盤やネットワーク機器などの大幅な入れ替えが必要になる。NTTデータ先端技術は、既存のIT資産を活用できるよう、オーバレイ方式のネットワーク仮想化技術によって、物理ネットワーク構成に依存しないネットワーク仮想化ソリューションを提供する。また、仮想化されたネットワークは、統合管理ツールで一元的に管理することができ、これまで拠点ごとのネットワーク出口に設置していたファイアウォールなどのネットワークセキュリティ製品を集約することも可能となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る