PR

NICTらの研究チームが仮想化Wi-Fiを含めた複数の仮想広域網の国際実証実験に成功

2016年3月8日(火)

NICT、東京大学大学院情報学環、KDDI研究所は3月7日、日立製作所及び米ユタ大学の協力を得て、NICTが開発した仮想化Wi-Fiを含めた複数の仮想網で構成される有無線マルチドメイン仮想網の国際実証実験に成功したと発表した。

東京大学大学院情報学環、KDDI研究所らの研究グループは、NICTの委託研究「新世代ネットワークを支えるネットワーク仮想化基盤技術の研究開発」の一環として、複数の有線仮想網を共通の品質やポリシーで相互接続する技術等を共同開発した。しかし、無線仮想網の相互接続までは実現できていなかった。一方、NICTは、ユーザ密集などによりWi-Fiが混雑する環境において、SDN(Software-Defined Network)技術に基づき、特定アプリケーションの通信品質を優先的に確保できる仮想化Wi-Fi基地局の開発を進めてきた。今回の成果では、クラウドを含む有線仮想網とWi-Fi仮想網を相互接続する技術を新たに開発し、Wi-Fi-インターネット-クラウドをつなぐ有無線マルチドメイン仮想網を日米間で構築する実証実験に成功した。

今回の成果により、要件が多岐にわたる個々のIoTサービス向けに、異なる事業者からWi-Fi接続、インターネット回線、クラウドサーバなどを必要な容量で調達し、規模や通信量に見合ったカスタムメイドな専用ネットワークをインターネット上に構築することが可能になるという。これによって、たとえばWi-Fiエリア内を移動するロボットを、クラウドからインターネット経由で操縦するといった用途に利用でき、特に製造業や物流分野での応用が期待される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース(NICT)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック