PR

ISC、「BIND」開発方針の転換を発表

2017年2月21日(火)

Internet Systems Consortiumは2月15日(現地時間)、DNSサーバ「BIND」の今後の開発方針について発表した。

今回の発表では、BINDをスクラッチから開発し直す取り組みを行ってきたが、今後はこの取り組みを継続せず、「BIND 9」をベースにリファクタリングを進め、脆弱性を極力減らしていく。従来の取り組みでは、現行のBINDが複雑化してしまっているせいでBINDに脆弱性が多く存在しているとして、BINDをゼロから再開発することを検討してきたが、この取り組みは断念するという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック