PR

ディープラーニングフレームワーク「TensorFlow 1.0」リリース

2017年2月21日(火)

Google Brain Teamは2月15日(現地時間)、オープンソースのディープラーニングフレームワーク「TensorFlow 1.0」をリリースした。

「TensorFlow」は、ライブラリ形式のディープラーニングフレームワーク。Windows、Mac OS X、Linuxに対応している。「TensorFlow 1.0」ではPython APIが安定版となり、今後のマイナーアップデートにおける互換性が確保されるようになった。その他、NumPyのリアセンブルの改善、JavaとGo向けAPIの実験的導入などが図られている。

「TensorFlow 1.0」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る