PR

ディープラーニングフレームワーク「TensorFlow 1.0」リリース

2017年2月21日(火)

Google Brain Teamは2月15日(現地時間)、オープンソースのディープラーニングフレームワーク「TensorFlow 1.0」をリリースした。

「TensorFlow」は、ライブラリ形式のディープラーニングフレームワーク。Windows、Mac OS X、Linuxに対応している。「TensorFlow 1.0」ではPython APIが安定版となり、今後のマイナーアップデートにおける互換性が確保されるようになった。その他、NumPyのリアセンブルの改善、JavaとGo向けAPIの実験的導入などが図られている。

「TensorFlow 1.0」は、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内