PR

「Oracle Linux 6.9」リリース

2017年4月2日(日)

Oracleは3月28日(現地時間)、Red Hat Enterprise Linux 6.9をベースとしたLinuxディストリビューション、「Oracle Linux 6.9」をリリースした。

「Oracle Linux 6.9」は、独自に開発された「Unbreakable Enterprise Kernel」をカーネルとして採用しており、これに「Red Hat Enterprise Linux 6.9」の新機能を付加したディストリビューションとなっている。Oracle Linux 6.9では、「Oracle Linux 7.3」などでも採用されている「Unbreakable Enterprise Linux Release 4」を搭載しており、全部で3種類のカーネルが利用できる。Red Hat Enterprise Linuxの商標に関する項目などは削除・変更されている。また、ダウンタイムなしでOSのセキュリティアップデートを可能にする「Kspice」の技術も採用されている。

対応プラットフォームはx86版(32ビット)とx86_64版(64ビット)。Oracle Linux 6.9は、Webサイトからダウンロードできる(要ユーザ登録)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Oracle Linux
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック