PR

TwoFive、メール送信状況を解析するクラウドサービス「DMARC/25 Analyze」を提供開始

2017年6月24日(土)

TwoFiveは6月21日、企業や団体になりすました不正メールへの対策を支援する新サービス「DMARC/25」を発表し、その第1弾としてメール送信状況を解析するクラウドサービス「DMARC/25 Analyze」を提供開始した。

「DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)」は、メール送信なりすまし対策として、メールドメイン認証をを行う送信ドメイン認証技術。「DMARC / 25 Analyze」では、DMARCで提供される大量の情報を、Webベースの分かりやすいレポートに整形して提供する。このサービスを利用することにより、自社のドメインが不正利用されていないか確認することができ、なりすましの疑いがあるメール送信を迅速に検知できるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック