PR

ヒューレット・パッカード、世界最大級のARMスーパーコンピュータを開発、ベースプラットフォームを発売

2018年7月25日(水)

ヒューレット・パッカードは7月17日、世界最大級のARMスーパーコンピュータを開発したと発表した。

このスーパーコンピュータは、米国エネルギー省向けに開発されたもの。ベースとなるのはARMベースのサーバプラットフォーム「HPE Apollo 70 System」で、これは同日より日本ヒューレット・パッカードから発売開始となる。

ヒューレット・パッカードでは、エクサスケールの早期実現を目指し、これまでx86ベースの技術が主流であったハイパフォーマンスコンピューティングのエコシステムにARMなど新しいプロセッサを提供することで、高い競争優位性や多くの選択肢を可能にし、次世代スーパーコンピュータを支える広範なネットワークを構築している。また、急増するデータ集約型HPCワークロードに対応し、メモリ主導型アーキテクチャの開発を進めているほか、ARMベースの堅牢なHPC技術をスーパーコンピュータの「Astra」や次世代のシステムに採用することで、高機能サーバーの高密度化にも取り組んでいる。

「HPE Apollo 70 System」は2P/28コア(2.0GHz)、32GB RAMを搭載しており、価格は1,704,800円からとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースルーム

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

ヒューレット・パッカード、世界最大級のARMスーパーコンピュータを開発、ベースプラットフォームを発売 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。