PR

理化学研究所とエムティーアイ、「富岳」を使ったゲリラ豪雨予報の実証実験を首都圏で開始

2021年7月14日(水)

 理化学研究所は7月12日(現地時間)、同研究所の計算科学研究センターの研究チームと大阪大学大学院、エムティーアイとの共同研究により、スーパーコンピュータ「富岳」を用いた首都圏でのにおいて30秒ごとに更新する30分後までの降水予報のリアルタイム実証実験を行うと発表した。期間は2021年7月20日から8月8日までと8月24日から9月5日まで。

本研究は、近年増大する突発的なゲリラ豪雨などの降水リスクに対して、「富岳」の仮想世界と現実世界をリアルタイムにリンクさせ、高精度の降水予報を行う。研究グループは、2020年にさいたま市に設置されている情報通信研究機構が運用するマルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP-PAWR)による30秒ごとの雨雲の観測データと、筑波大学と東京大学が共同で運営するスーパーコンピュータOakforest-PACSを用いて、首都圏において30秒ごとに新しいデータを取り込んで更新し、30分後までを予測する実証実験を行った実績がある。今回は、2021年3月に共用を開始した「富岳」を使う今回の研究では、前回ののシステムを改良し、30秒ごとに更新する解像度500mの気象予測をリアルタイムで行う。

ただし、今回の予報は試験的に行うものであり、実用に供する気象予報に十分な精度や安定した配信環境が保証されたものではなく、利用者の安全や利益に関わる意思決定のための利用には適したものではないとされている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック