PR

Webブラウザから利用できるIDE、「Eclipse Orion 17.0」リリース

2018年1月20日(土)

Eclipse Orion teamは1月11日(現地時間)、Webブラウザ経由で利用できるIDE、「Eclipse Orion 17.0」を正式リリースした。

「Eclipse Orion」は、自分のコンピュータにインストールすることなく、Webブラウザ経由でアクセスすることで開発作業を行うことができるIDE。コードエディタ、デバッガ、ファイルマネージャ、Git、FTP、SFTPクライアントなど、開発に必要な機能を備えている。

「Eclipse Orion 17.0」では、Node.jsサーバの改善、互換性・安定性の向上、ライブラリの更新、バグフィクスなどが施されている。

「Eclipse Orion 17.0」は、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Webブラウザから利用できるIDE、「Eclipse Orion 17.0」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。