PR

Adobe Flash Playerに深刻な脆弱性

2018年3月17日(土)

情報処理推進機構は3月13日、アドビシステムズ社の「Adobe Flash Player」に関する脆弱性(CVE-2018-4919)を発表した。この脆弱性は「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスされており、至急修正プログラムを適用するよう呼びかけられている。

対象となるのは、「Adobe Flash Player Desktop Runtime 28.0.0.161 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh、Linux)」「Adobe Flash Player for Google Chrome 28.0.0.161 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh、Linux、Chrome OS)」「Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 28.0.0.161 およびそれ以前のバージョン (Windows 10 および 8.1)」。脆弱性の重要度は「Critical」となっており、悪用されると任意のコードを実行される恐れもあるため、ユーザは一刻も早い対処が必要。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る