PR

Microsoftが2018年8月度のセキュリティ更新プログラムを公開、最大深刻度は「緊急」

2018年8月20日(月)

Microsoftは8月15日(日本時間)、同社製品をの2018年8月度の月例セキュリティ更新プログラムを公開・配信した。

今回対象となっているソフトウェアは、Microsoft Windows/Microsoft Edge/Internet Explorer/Microsoft Office and Microsoft Office Services and Web Apps/ChakraCore/Adobe Flash Player/.NET Framework/Microsoft Exchange Server/Microsoft SQL Server/Visual Studio。なお、7月のセキュリティ更新で不具合が発見され、配信が中止された「.NET Framowork」の更新プログラムも含まれている。

今回修正された不具合の中には深刻度「緊急」のものもあり、ユーザは早急に更新プログラムを適用することが推奨される。なお、更新プログラムは「Windows Update」および「Microsoft Update Catalog」から入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Microsoftが2018年8月度のセキュリティ更新プログラムを公開、最大深刻度は「緊急」 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。