PR

HPE、新しいクラウドネイティブなシリコンを搭載したサーバ「HPE ProLiant RL300 Gen11」を発表

2022年7月3日(日)

Hewlett Packard Enterprise(HPE)は6月29日(現地時間)、新しいクラウドネイティブなシリコンを搭載したサーバ「HPE ProLiant RL300 Gen11」を発表した。ARMベースのプロセッサを搭載している。

 「ProLiant RL300 Gen11」は、Ampereのプロセッサ「Ampere Altra Max」を採用したサーバ。性能のみならず消費電力の低減も特徴としたプロセッサを搭載しており、最大で128コアから構成される。コアはシングルスレッド動作となっており、クロック速度も一定。

 「ProLiant RL300 Gen11」は、メディアストリーミング、ソーシャルサービス、EC、財務サービスなどに向いているほか、IaaS、PaaS、SaaSの構成にも向いているとしている。

 「ProLiant RL300 Gen11」は、2022年第3四半期に提供開始の予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る