PR

IBM、量子コンピューティングサービスについて重要なアップグレードを発表

2017年11月20日(月)

IBMは11月17日、IBMが提供する量子コンピューティングサービスについて、重要なアップグレードを発表した。

この発表によると、クラウドで提供されるIBM Qシステムに「20量子ビット」のプロセッサが搭載され、超電導の量子ビット設計、接続性、パッケージングが改善される。コヒーレンス時間(量子計算を実行するために利用可能な時間)は平均90マイクロ秒で、精度の高い量子処理を実現する。また、同社は「50量子ビット」プロセッサのプロトタイプの構築にも成功し、同様の性能指標を持つことを測定により確認した。この新しいプロセッサーは、20量子ビットアーキテクチャを基に拡張され、次世代のIBM Qシステムで利用可能となる予定。ユーザは2017年末までにIBM Qシステムのコンピューティングパワーにオンラインでアクセスできるようになる。

また、同社は2017年初頭に「QISKit Project」を開始した。「QISKit」は、同社が提供する量子コンピュータのシミュレータでプログラムを作成して実行できる。これによって、量子コンピュータを使用する前に量子プログラムを作成・デバッグできる。さらに、量子システムの状態を精査するための新しい機能と可視化ツール、QISKitとIBM Data Science Experienceとの統合、任意の実験を利用可能なハードウェアにマッピングするコンパイラ、量子アプリケーションのサンプルなどがQISKitに追加された。

同社によると、量子コンピューティングは、従来型コンピュータでは永遠に解けなかった問題(最適化の化学シミュレーションなど)を解く可能性があるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
IBM Q

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック