PR

オープンソースのコンパイラ「GCC 6.5」リリース

2018年11月2日(金)

GCCは7月4日(現地時間)、オープンソースの多言語コンパイラ 「GCC 6.5」を正式にリリースした。

GCC は「GNU Compiler Collection」の略。C、C++、Objective-C、FORTRAN、Javaなど複数の開発言語に対応しているコンパイラ。現在では、Linuxをはじめとする、さまざまなUNIX系OSで標準搭載されている。なお、現在のGCCの最新系列は「GCC 7系列」。

「GCC 6.5」は、GCC 6.4のメンテナンスアップデートリリースとなっており、重要な不具合が250件近く修正されている。なお、GCCの最新系列は「GCC 7」となっており、GCC 6系列のマイナーアップデートリリースは本リリースが最後となる予定。

「GCC 6.5」は、ミラーサイトから無償でダウンロード・利用することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック