PR

コンテナランタイム「runc」に脆弱性、DockerやKubernetesなどに影響

2019年2月12日(火)

 オープンソースのコンテナランタイム「runc」に脆弱性が発見された。この脆弱性を悪用されると、悪質なコンテナにより他のコンテナが破壊されたり、root権限を不正に取得されてしまう恐れがある。コンテナの破壊は大規模に行われる可能性もあるという。
 
 「runc」はDocker、Kubernetes、containerd、などにも組み込まれているため注意が必要。この脆弱性を修正するパッチは2月12日(現地時間)に公開されており、Red HatやAmazon Web Servicesもアップデートを公開している。ユーザはセキュリティアップデートを施す必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Red Hatの注意喚起

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック