PR

アプリケーション開発フレームワーク「Electron 12.0」リリース

2021年3月5日(金)

GitHubは3月2日(現地時間)、アプリケーション開発フレームワーク「Electron 12.0」をリリースした。

「Electron」は、ChromiumとNode.jsをベースにしたオープンソースのフレームワーク。「Atom Shell」として開発がスタートし現在に至る。クロスプラットフォームでの開発に対応しており、HTML5/CSSとJavaScriptを用いてWindows、Mac OS X、Linuxで動作するデスクトップアプリを開発できる。

「Electron 12.0」では、「Chromium」が89に、「Node.js」が14.16に、JavaScriptエンジン「V8」が8.9にアップグレードされた。また、「remote」モジュールは非推奨となり、「@electron/remote」に置換されるなど、いくつかの機能更新が行われている。

「Electron 12.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る