PR

石川コンピュータセンター、中小企業働き方改革促進サービス「BCPリモートオフィス」を発表

2019年2月19日(火)

石川コンピュータセンターは2月18日、アイ・オー・データ機器とアール・アイ、クラウディアンの3社が提供する中小企業働き方改革促進サービス「RIO Cloud」の自社サービス「BCPリモートオフィス」を今春より提供開始すると発表した。

本サービスは、顧客のNASに存在するデータを同社データセンターへ複製保存する「BCPリモートバックアップ」に加え、パソコンのデータもセキュアに自動保存する「BCPリモートフォルダ」を新たにラインナップしたBCP対策ソリューション。

「BCPリモートフォルダ」は、テレワークのパソコンをデータレスにすることができ、情報漏えいやデータ消失のリスクを低減する。また、NASが提供する専用アプリでリモートからNAS共有データにアクセスすることが、インターネットがあればどこでも同じ環境下で業務を行うことができる。NASのデータは「BCPリモートバックアップ」でクラウド複製されているため、データの利便性と保護を備えたBCP対策ソリューション「BCPリモートオフィス」を実現する。

 ユーザのデータを保管するデータセンターは、災害が少なく比較的安全とされる北陸地域に位置しており、国内で高い水準の情報セキュリティを満たすデータセンターとなっているという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック