PR

Huawei、独自OS「HarmonyOS」を発表

2019年8月13日(火)

Huaweiは8月9日(現地時間)、独自OS「HarmonyOS」をリリースすると発表した.

 「Harmony OS」は、マイクロカーネルを搭載したOS。マイクロカーネルを採用しているため、スマートフォンだけでなく、カーナビゲーション、スマートウォッチなどにも応用できる汎用性の高さが特徴だという。また、JAVAやKotlinなど数多くのプログラミング言語にも対応している

 「HarmonyOS」は、アメリカの中国への輸出規制に際して開発されたと見られていたが、同社は「Android、iOSとは対抗関係になく、生活の全場面にITが搭載されるスマート時代の到来を見越して開発した」と発表している。
 
 「HarmonyOS」は8月10日にスマートテレビに搭載したものを発表した後、各製品に広げていくとしている。また、HarmonyOSはオープンソース化される構想もあるという。

 「HarmonyOS」は、GitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック