PR

ASF、分散型Key/Value store「Apache Accumulo 2.0」リリース

2019年8月13日(火)

 ASFのApache Accumulo teamは8月6日(現地時間)、分散型Key/Value store「Apache Accumulo 2.0」をリリースした。

 「Apache Accumulo」は、Googleの大規模ストレージ向け技術「BigTable」をベースとした分散型データストア。データセットをクラスタで扱うことができ、大規模利用に耐えられるように強固に作られているほか、拡張性にも優れている。

 「Apache Accumulo 2.0」では、クライアントがAccumuloに接続するためのAPIが追加されたほか、スクリプト機能や設定ファイルがシンプルになっている。オブジェクトも整理され(一部のオブジェクトは廃止されている)、、多数の機能強化、バグフィクスなどが施されている。なお、動作させるには「Apache Hadoop 3」と「Java 8/11」が必要。
 
 「Apache Accumulo 2.0」はWebサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック