PR

日本IBM、新しいデータ保護機能を備えたメインフレーム「IBM z15」を発表

2019年9月15日(日)

日本IBMは9月13日、新しいデータ保護機能を備えたメインフレーム「IBM z15」を発表した。

「IBM z15」は、2017年に発表された「z14」に続くメインフレーム。筐体サイズが19インチフレームに小型化されている。「z15」では、システム内だけでなく、外部の連携環境下で使われるデータを保護するプライバシー保護機能「IBM Data Privacy Passports」を搭載しており、プライベートクラウド環境やパブリッククラウド環境、外部企業にコピーされたデータを追跡し、必要に応じてアクセスを無効化できる。「z14」に搭載されていた、システム内のデータを暗号化する「全方位暗号化」も可能。

 また、「IBM z15」と同じ性能のLinux専用モデル「IBM Linux ONE III」およびハイブリッドクラウド環境向けストレージ「DS8900F」も併せて発表された(「Linux One III」は9月24日、「DS8900F」は11月15日出荷開始)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック